縁故情報はLINE@限定でお届けしています。一定数で締切りますのでお早めにご参加ください。

【第5回】円高と円安の利益の出し方

損するFX初心者が稼げる「FX入門講座」

お楽しみ様です。

坂本です。

子供の頃からどうしても好きになれないジメジメとする季節「梅雨」。

梅雨はジメジメして嫌ですが、これも日本が誇る四季の移ろい

出来事は一つですが、それをドウ捉えるかは「心次第」。

だったら、何事も楽しんで参りましょう!!

FXも然りです。

今まさにあなたは「稼げない初心者」から「稼げる個人トレーダー」へとなる

移ろいの季節なわけです。

この移ろいの季節をドウ捉えるか?

あなた次第です。

さあ。ガッツリ稼ぐべく本日も損するFX初心者が稼げる「FX入門講座」へと参りましょう!!

本日は前回お伝えしたFXを始める前の基礎編の続きです。

円高と円安とは

円高と円安。

ニュースでよく聞く言葉ですね。

先日の記事でも「円安があなたの資産にもたらす影響」と少し紹介させていただきました。

こちらをチクっと掘り下げてお話しします。

急激な円安!! 一時125円台に…」などと見出しが出る場合がありますね。

外貨の取引をしたことがない方でも一度は耳にしたことあるでしょう。

この「円高」と「円安」、実はよく分かっていない人が多いのです。

ドル円、ユーロ円、ポンド円など、

FXをやる上で円を軸に考える場合には欠かせない大切な情報ですから、しっかり押さえていきしょう!!

●「円高」とは

為替相場が<1ドル=200円>から<1ドル=100円>になるような状態です。

1ドルを購入するのに必要な円が少なくなったわけですから、円の価値が高くなったということです。

●「円安」とは

逆に為替相場が<1ドル=100円>から、<1ドル=200円>になるような状態です。

1ドルを購入するのに必要な円が多くなったわけですから、円の価値が低くなったということです。

1ドル=200円 から 1ドル=100円 というように、数字が減っているのに円高。

その逆で1ドル=100円 から 1ドル=200円 というように、数字が増えているが円安。

何か妙な感じがしません?

僕は以前からこそばゆい、ゴッツイ妙な感じがしています。

ハッキリ言ってわかりづらいんです。

しかし、これを理解することが為替取引をする上では大切なので、わかり易く説明します。

1ドル100円 と 1ドル80円 の違い

Dashboard

例えば「昨日は1ドル=100円」、「今日は1ドル=80円」だとします。

近所のコンビニへ1本1ドルの野菜ジュースを買いにいきましょう。

昨日であれば、野菜ジュースを1本買うのに「1ドル=100円」ですから100円を支払います。

しかし、「1ドル=80円」の今日は、なんと80円支払うだけで野菜ジュースが飲めてしまいます!!

昨日は80円で飲めなかった野菜ジュースを今日は飲めてしまうのです!!

そう。ズバリ「円の価値が上がっている」と言えます。

これが「円高」ってヤツです。

次にその逆で「昨日は1ドル=100円」、「今日は1ドル=120円」だとします。

昨日は100円で飲めたこの野菜ジュース。

しかし、今日は120円出さなければ飲めないのです。

つまり20円損をすることになりますから、「円の価値が下がった」と言えます。

これが「円安」ってヤツですね。

ドウでしょ??

こう考えたら何となく分かってきたのではないでしょうか?

まあ、実際の相場は「1ドル=100円」が次の日には「1ドル=80円」など

大幅な変化はソウソウありませんが、

このように為替相場では「常に『通貨の価値』が変わり続けている

ということを頭の隅っこにでも入れておきましょう。

さて。

そろそろあなたは、取引するには「円高の時」と「円安の時」のはどちらが良いのさ?

なんて思い始めた頃じゃあ御座いませんか?

ズバリ言ってしまうと「どちらでもOK」です!!

なぜなら、株式投資や外貨預金は

安い時に”買い“、高くなったら“売る”」ことで利益を得ることができますが、

価格が下がっている相場では利益を狙うことは難しいのです。

しかしFXは「円高」だろうが「円安」だろうが、

「売り」からでも「買い」からでも、どちらでも取引が出来るのですから、

どちらでも利益を上げられるチャンスがある訳です。

これはFXの大きな大きな利点です。

では実際に円高と円安での利益の出し方の違いを見てみましょう。

円高と円安での利益の出し方の違い

●円高の場合

先程お話ししたように、円高の場合はドルに対して円の価値がどんどん上がる」傾向にあります。

1ドル=100円 のものが、99円、98円と下がって行くのです。

この時にドルを買うと、ドルの価値がどんどん下がってしまうため、それだけ損益が出ます。

では、どうすれば良いのでしょう??

そう、あなたの仰る通りです。

円高の場合には、ドルを売れば良いのです。

FXでは「実際にドルを持っていなくても売り注文を出す」ことができます。

1ドル=100円 の時に10万ドル 売り注文を出し、

1ドル=99円 の時に10万ドル買い注文を出す。

・・・すると

10万円の利益を得ることができるのです!!

はい。きましたね!!

「実際にドルを持っていないのに『売り注文』を出せるとはどういうこと???」

というあなたの心の中の声。

バシっと説明するのでご安心を。

ズバリこうイメージしてください。

元々もっていない通貨(ここではドル)を「証券会社から借りて」きて「売り」、

価格が安くなったところで同じものを「買い戻して」「証券会社に返す」。

これが「買い」とは逆の「売り」から入るトレード手法です。

FXでは「空売り」「ショート」と言ったりもします。

では円安の場合のFXでの稼ぎ方はどうでしょうか??

円安の場合

円安は円の価値が下がっている状態で、ドルの価値が上がって行く傾向にあります。

1ドル100円で買ったドルが、101円、102円と上がっていくのです。

1ドル=100円 の時に 10万ドル を購入し、

1ドル=101円 になったときに 10万ドル を売れば、

これもまた10万円の利益を得ることができます。

どうでしょう??

為替差益から利益を得る方法って

「円安に動く時は、安く買って高く売る

「円高に動く時は、高く売って安く買う

たったコレだけで利益を出していく仕組みな訳ですから、

思っていた以上に簡単な仕組みじゃありませんか??

但し!!

相場が思惑と反対方向に動いてしまった場合は

もちろん損失が出る可能性もあるこをを忘れずに。

例えば、円安に動くだろうと予測していたのに円高になってしまった・・・。

こんな場合です。

このようなことがないように、相場動向を冷静に判断しながら、

十分注意して取引することが必要です。

いかがだったでしょうか?

今回の講座で「円高」「円安」についてご理解いただけたかと思います。

よく「物事は何でも基本が大事」だと言われます。

一流野球選手がキャッチボールをするように、

一流サッカー選手がパス練習をするように、

一流陸上選手がランニングをするように、

一流選手にとっても、基礎は大事なのです。

基礎を覚えないで、いきなり応用から実践しようとしても、物事はうまくいかないもの。

FXも全く同様で、どのレベルにあっても基礎は大事であり、

基礎がわかっているからこそ、FXでもしっかりと利益を上げられるのです。

そのために「稼げない初心者」から「稼げる個人トレーダー」へとなる本講座は

まだまだ続けていきますから、次回もお楽しみに!!

また、あなたの人生に役立つ情報をシェアさせていただくのでお楽しみに!!

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

3つの手法の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています。

3つの手法
【年利100%】流動性マイニングとイールドファーミングで稼ぐ方法
【年利24%】2つの取引所を使って限りなくローリスクで高配当を得る手法
ビットコインの買い時と売り時がわかる2つのチャートを使ったトレード術

「勝ち負けの投資」ではなく
「勝ち勝ちの投資」でありながら
基本的には「放ったらかし」という都合の良い手法をメールマガジンでご紹介します。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

ブログランキング応援ぽち

ブログランキング1位獲得を目指してます。 応援ポチをお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です