縁故情報はLINE@限定でお届けしています。一定数で締切りますのでお早めにご参加ください。

パーペチュアルトラベラー ~5つの国を使い分け~

お楽しみ様です。

坂本です。

パーペチュアル・トラベラーになるために気を付けなければいけないこと。

事実上の生活の拠点を日本におかないことです。

日本の法人の代表者をしていて、その法人から報酬をもらえば、

これは日本で税金がかかります。

更に言えば、日本の法人からの報酬が主たる収益となる場合、

日本の非居住者になること自体が認められません。

ここは自分の都合の良いようにばかり考えないようにしてください。

日本人からみた5つの国

完璧に実行するためには、5つの国を使い分けるという考え方があります。

1. 国籍を持つ国(パスポートを持つ国)

2. ビジネスを営む国(所得を得る国)

3. 居宅を持つ国(住所として家を持つ国)

4. 資産運用を営む国(銀行、証券口座を 持つ国)

5. 余暇を過ごす国(自分の趣味、生きがいを実現する国)

これを日本人にあてはめると下記のようなパターンがよく言われます。

1. 日本

2. 香港、シンガポール、中国、ベトナム

3. バヌアツ

4. 香港、シンガポール

5. 様々

寄付

では、パーペチュアル・トラベラーとなり節税となったお金をどうするのか?

やはり、社会投資家を「志」としている僕達は「寄付」に回すのです。

日本人に生まれたというだけで、自分たちはとても恵まれた環境にいます。

世界には数秒に1人の子供が飢餓でなくなる国があるのです。

世界の飢餓を止めるために使うお金。

お金というものは自分の為に使うだけではなく、

人の為に使えてこそ初めて価値の高まるものだと思います。

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

3つの手法の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています。

3つの手法
  1. 【年利100%】流動性マイニングとイールドファーミングで稼ぐ方法
  2. 【年利24%】2つの取引所を使って限りなくローリスクで高配当を得る手法
  3. ビットコインの買い時と売り時がわかる2つのチャートを使ったトレード術

「勝ち負けの投資」ではなく
「勝ち勝ちの投資」でありながら
基本的には「放ったらかし」という都合の良い手法をメールマガジンでご紹介します。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

ブログランキング応援ぽち

ブログランキング1位獲得を目指してます。 応援ポチをお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です