縁故情報はLINE@限定でお届けしています。一定数で締切りますのでお早めにご参加ください。

【第12回】口座開設とトレード

損するFX初心者が稼げる「FX入門講座」

お楽しみ様です。

坂本です。

僕も愛用しているFX業者「XM」が

新規」「既存」の方を対象にキャンペーンを開催しています。

特に僕が好意をもっているのが「入金ボーナス」。

これは入金額に対して、

最大$500」まで「50%のボーナス」が自動的に付与されるというもの。

このボーナスの何がありがたいかと言えば、

自分のお金」に加えて「XMが付与してくれるボーナス」を合算してトレードができること。

そうです。

実際に入金していないボーナス分も「証拠金としてトレードすることができる」ので

実質の口座残高を増やすことが可能なのです。

例えば1万円を入金した場合

  • 口座残高は1万円
  • 入金ボーナスが5,000円

ですから、これらを合算した「計15,000円が証拠金」となったトレードができる訳です。

1万円のみ入金したにもかかわらず・・・」です。

⇒ 最大$500まで50%ボーナス

入金ボーナスは、

  • 最初の「$500」までの入金額に対しては50%のボーナス
  • それ以降の入金額に対して「$5,000」までは20%のボーナス

が適用されます。

これだけでも十分なのですが、僕が好意をもっているいのは実はココ。

限度額に達するまで何度でもボーナスを獲得でき、

一度に高額入金をする必要がなく少額入金を繰り返してもOK

ですから「一番得するボーナスの受け取り方」を考える必要がないのです。

さて。

こうやって「ボーナス」「ボーナス」「ボーナス」と連呼しているとテンションが上がってきますが、

勘違いされる方がいるかも知れないので、「ボーナスの出金」について補足します。

ボーナスは出金できません。

そもそも20%~50%ものボーナスが出金できる業者があればそんな業者は怪しいにも程があります

「そもそも出金できるのか?」

こんな当たり前過ぎるコトすら怪しいものです。

※ XMは僕自身が何度も出金しているので安心できます。

先ほど言ったように、

実際に入金していないのに付与されるボーナス分も「証拠金としてトレードすることができる

これがXMの最大のメリットなのです。

話を纏めます。

XMの入金ボーナスは

  • 最初の「$500」までの入金額に対しては入金額の50%のボーナスが適用される
  • それ以降の入金額に対しては「$5,000」までは20%のボーナスが適用される
  • ボーナスは出金できないが、証拠金として利用できる

XMのボーナスは他のFX業者とは比較にならない優位性ですから、うまく活用して稼いでいきましょう。

⇒ 最大$500まで50%ボーナス

それでは本日もガッツリ稼ぐべく

損するFX初心者が稼げる「FX入門講座」へと参りましょう。

本日のテーマは「あなた自身の口座を開設しトレードを行う

いよいよあなたの口座を開設してトレードを開始していきましょう。

あなた自身の口座を開設

これまで10回に渡りFXの基礎知識を勉強し、

11回目ではデモトレードでの練習を学びました。

それではいよいよFX取引を始めるとしましょう。

まずはFXを始めるために、FX業者に「あなたの口座」を開設する必要があります。

口座開設はとても簡単で、最速5分という業者まで存在し、

初心者であっても簡単に口座することができます。

口座開設には業者による「審査」はありますが、給料所得がある方でしたら、

基本的にはどなたでも審査は通るでしょうから安心ください。

口座開設の方法は大抵は次の2通になります。

①業者のホームページから必要事項を入力して本人確認書類を送付する方法

②ホームページから資料請求をし、送られてくる書類と共に本人確認書類を返送する方法

ここでは①のホームページから申込を行う手順を紹介します。

流れは、次の通りです。

  1. 口座開設の申込
  2. 本人確認書類の送付
  3. 審査
  4. 口座開設
  5. 入金
  6. トレード開始

では、口座開設の申込をしましょう。

  1. 業者のホームページにある「口座開設」をクリック
  2. 規約、規定などを確認し、「同意する」をチェック
  3. 名前、住所、連絡先、生年月日、職業などの項目を入力
  4. 金融機関情報などを入力
  5. レバレッジなどのコースを選択
  6. 入力内容を確認して申込

申込を済ませたら、メール、FAXまたは郵送で、本人確認書類を指定の宛先へ送付します。

その後、業者による審査があり、通過すれば3~5営業日で

会員画面へのログインIDとパスワードが送られてきます。

はい。これで口座開設は完了です。

とても簡単です。

口座へ入金

口座開設したら次にやることは「口座への入金」です。

必要最低証拠金は取引会社によって異なり、

その金額以上の資金を入金するわけですが、入金の方法は次の3通りあります。

  1. 銀行ATMによる金
  2. ネットバンキング、モバイルバンキングによる入金
  3. クレジットカードによる入金

手数料が安くスピーディーで手間もかからないのが、②と③です。

②は銀行での申込が必要ですが、銀行と業者が提携していれば「手数料無料」の場合もあり、

24時間いつでも入金できる場合があります。

さて。

「資金はいくらから始められるの?」

これはあなたが最も気になるところだと思います。

一般的には3~5万円と言われていますが、これはあなた次第です。

「私は1万円から始めるわ」という人もいれば

「僕は200万円でスタートするぞ」という人もいます。

「いくらから始めるのが通常」

「これくらいの額で始めるのがベスト」

といったことは一切ありません。

100円からでも、1万円からでも、1,000万円からでも、

いくらから始めても構わないのです。

重要なのはあなたの「余剰資金」で始めることなのです。

あなたの「資産状況に合わせてください。

周りを気にする必要など一切なく、あなたの「余剰資金」で始めるようにしましょう。

「少ない資金からでも効率よく資金を増やすことができる」

これこそがFXの最大の魅力なのですから。

いよいよFXのトレード開始

入金を済ませたらいよいよトレード開始です。

トレードは大きく次の4つの流れになります。

  1. 新規注文
  2. 取引の成立
  3. 決済の注文
  4. 損益確定

では「1.新規注文」から順に見ていきましょう。

1.新規注文

トレードは新規の注文を出すことから始まります。

注文のやり方は業者ごとに違いはありますが、インターネットで注文を出せることがほとんどです。

市場の動き、為替レートやチャートから「予測」して、

  • 上昇トレンドであれば「買い
  • 下降トレンドであれば「売り

といったように、あなたの予測する取引条件になったら発注します。

注文方法には「指値」「逆指値」など、色々な方法がありますから、

まずは基本的な注文方法を覚えましょう。

●成行注文(なりゆき)

「通貨ペア」と「取引する数量」を指定し、

その時点での為替レートで注文する「手動」の注文方法です。

●指値(さしね)・リミット注文

予め注文する為替レートを指定しておき、

そのレートになったら「自動的」に買う(もしくは売る)注文方法です。

●逆指値(ぎゃくさしね)・ストップ注文

予め現在の為替レートよりも「不利なレート」を指定し、

そのレートになったら「自動的」に買う(もしくは売る)注文方法です。

どの注文方法を使うかは「あなたのライフスタイル・トレードスタイル次第」です。

なお、新規注文とはあくまで「注文を出しただけ」で、

その注文が「約定」した時に初めて「トレードが成立」しますので、

注文」と「約定」を混同しないようご注意ください。

この「約定(やくじょう)」という言葉は「人」と「こと」を約し定めることであり、

約束や契約の意味をもちます。

「約束」という言葉は普段からよく使われますが、

法律用語では「約定」という言葉がよく使われます。

投資の世界では売買取引が成立することを「約定」といいます。

つまり「取引成立」のことですね。

あまり聞きなれないと思いますが、投資の世界では頻繁に使われる用語ですから、

にぜひ覚えておきましょう。

2.取引の成立

発注した注文が約定すると、あなたが希望した条件での売買が成立した状態になります。

これをポジションといい、「買いポジション」「売りポジション」と言います。

最初は為替レートを指定しない「成行注文をオススメします。

なぜなら「成行注文」は現在表示されている為替レートで

「買い」または「売り」の注文を「手動」で行いますから、

あなたが「ここだ!!」と思ったところで取引が成立するのです。

3. 決済の注文

次にあなたがやることは、持っているポジションに対して

利益を確定させるために「決済」をすることです。

そのために「決済注文」を行います。

決済注文は、

買いポジション」のときは「売り注文

売りポジション」のときは「買い注文

というように、注文時とは反対の注文を行います。

また、為替レートがあなたの予測とは逆に動いた場合には

持っているポジションに対して「損失」を確定させるために「決済注文を行います。

「損失」を確定させるために決済することを「損切り」と言いますが、

「損切り」を行うことは「損失を最小限に抑えることで非常に重要です。

「どのタイミングで利益確定、損失確定をするのか?」

これはFXの難しいところでもありますが、プロトレーダーは損失」を「経費と考え、

「このトレードにはいくらまでの経費を使っていいのか?」

という考えもってトレードしています。

例えば、

証拠金の2倍の利益となったところで「決済注文

証拠金の10%の損失が出たら「決済注文

というように、基準を持っているのです。

この考え方は非常に重要です。

あなたのトレードルールをしっかり決めてトレードすることこそ、

最もリスクを低くすることでもあるのですから。

4. 損益が確定

決済注文が成立することで、そのポジションでの「損益が確定」します。

たとえば、1ドル100円のときに100万円分の米ドル(1万ドル)を購入し、

1ドル105円のときに決済注文を出したとします。
この場合の利益はスワップポイントを除くと、

5円分の為替レートの動きにより「5万円」の利益が発生することになります。

レバレッジ50倍の証拠金なら、FX会社に預けるお金は「2万円」ですから、

2万円の元手5万円の利益を手にしたことになります。

当然ですが、このように予測どおりの為替レートとはならない場合もあり、

損失が発生してしまうこともあります。

なんせ、「相場は生き物」なのですから当然です。

プロトレーダーであっても、100%利益を出せる人など一人もいません

損失を少しでも回避するために、

2万円」「1ポジション」を持つのではなく、

5千円」「4ポジション」にすることでポジション分散をし、

注文タイミングをずらすなどの工夫も必要になります。

また、決済注文確定時に、そのトレードにかかった

「手数料」「スプレッド」「スワップポイント」「為替差損益」すべてが合算され、

その合算後の額があなたの口座に入ります。

話を纏めますと、FXでのトレードは

  1. 新規注文
  2. 取引の成立
  3. 決済の注文
  4. 損益確定

というサイクルを繰り返すことで利益を拡大させます。

初心者のひよっ子のうちは、欲をかかず、

少しずつ利益を増やしていくのが良いでしょう。

何よりもまずは「注文」や「トレード」に慣れることです。

その後、ステップアップしていけばいいのです。

いかがでしたか?

今日までの学びで、あなたは今すぐにトレードを始められる知識を得ました。

最初の一歩を踏み出すには勇気が必要かもしれませんが、

その一歩を踏み出さなければ何も始まりません

そのために、今日まで時間を使って学びを進めてきたのですから、

勇気を出して最初の一歩を踏み出してください。

もちろん何かあれば何なりと僕まで相談ください。

僕とて人の子です。

あなたと僕の「新密度」が増せば増すほど、

秘匿性の高いノウハウを教えるというものです、笑

稼げない初心者」から「稼げる個人トレーダー」へとなる本講座は

まだまだ続けていきますから、次回もお楽しみに!!

坂本溺愛EA「秘」の運用成績

自動売買をする理由はただ一つ。

裁量トレードに加えて自動売買をすることでリスクヘッジとなるからです。

・元本   324,000円(24,000円は証券会社からのボーナス)

・運用開始 2015/07/07

・2015/08/09時点の残高 291,640円

・2015/08/09時点の損益 -32,360円

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

3つの手法の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています。

3つの手法
【年利100%】流動性マイニングとイールドファーミングで稼ぐ方法
【年利24%】2つの取引所を使って限りなくローリスクで高配当を得る手法
ビットコインの買い時と売り時がわかる2つのチャートを使ったトレード術

「勝ち負けの投資」ではなく
「勝ち勝ちの投資」でありながら
基本的には「放ったらかし」という都合の良い手法をメールマガジンでご紹介します。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

ブログランキング応援ぽち

ブログランキング1位獲得を目指してます。 応援ポチをお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です