縁故情報はLINE@限定でお届けしています。一定数で締切りますのでお早めにご参加ください。

縁故案件は○○にある

縁故案件は○○から来る

 

お楽しみ様です。

坂本です。

 

11月7日の雇用統計発表後、ドル円はさえない結果となったが、

それでも114.62円で窓を閉めた。

 

日々、円安ドル高となり、今こうしている間にも円安進行しているのだが、

これが意味することをお分かりだろうか?

 

「あなたの資本は目減りしてるよ」つまり

あなたの持っている円自体の価値が、もの凄いスピードで少なくなっている」ということだ!

 

ここで、あなたに質問させていただこう。

「円安進行において、物価は上がるが、

あなたの給料はリアルタイムに上がっているのだろうか?

あなたの銀行貯金はリアルタイムに増えているのだろうか?」

 

もし「変わっていない…」と、お答えになったとしたら、

あなたの銀行貯金の資産は「確実に減っている!」という事をまず理解してほしい。

 

もっと言ってしまおう。

あなたの資産は「確実に損している!」という状態なのだ。

 

更に言ってしまおう。

アベノミクスが始まって以降、金融資産(株・為替・海外投資)を持っていない場合、

あなたは「自動で勝手に損をしてしまっている」のだ。

あなたは「自動で勝手に負けている」のだ。

 

この「損をし続ける」というリスクがあることも、

この時期だからこそ、しっかりと理解していただければと思う。

 

負けない3つの要素

 

ここで「自動で負けない3つの要素」をあなたにお伝えしよう。

・負けない=リスクを減らす

・負けない=利益があげる

・負けない=資産を増やる

 

いかがだろうか?

「自動で負けない3つの要素」は凄く腑に落ちるのではないだろうか?

 

「では、具体的に何をどうする?」

と質問すると、瞬間接着剤で上唇と下唇がくっついたように

あなたの口が閉じてしまうかもしれないので、この「リスクを減らす」についてお伝えする。

 

あなたはアセットアロケーションという言葉を聞いたことがあるだろうか?

 

「はっ!? アセットアロケーション」

と思ったかもしれないので、ここも概要をしっかりと説明しておこう。

なぜなら、あなたの大切な資産を運用するうえでとても重要な事なのだから。

 

東京証券取引所のHPではこのように記載されている。

 

資産運用といっても、大きな資金を運用する場合は、
いきなり○○社や▲▲社を買うといった個別銘柄から入るのではなく、

まず、運用する資産を、

「国内株式」
「国内債券」
「海外証券」
「不動産」
「現金等価資産」

など資産クラス別に
どのような割合で分配するかという意思決定があり、
その後に、資産クラス毎に、銘柄の選定に入ります。

しかも、この二つは別々の意思決定であることが証明されています。

 

要はあなたの資産(アセット)を、

それぞれの特性を生かしながら分配(アロケーション)することにより、

リスクを分散させて、長期的にリターンを上げようとする考え方だ。

あなたの資産の割合と思っていただいても問題ない。

 

資産分散の真の意味

なぜ資産配分するかと言えば、さまざまな資産に分散して投資すると、

それぞれ資産の値動きが打ち消し合って分散される結果、リスクが低減するからだ。

 

一方で、リターンは分散した割合の加重平均となり、特定の資産だけに投資するのに比べて、

リスクを低減し、安定したリターンが追求できる。

 

「クスクス、そんなこと知っているよ、ジェ・イ・ドさん♪」

とあなたは心の中でと笑ったかもしれない。

 

そう、リスクを分散させる重要性は誰もが知っている

 

どんな投資にもリスクが伴うし、そもそもリスクを理解することは、

納得できる投資を行うために必要不可欠なのだから。

当然、高いリターンを目指せばその分リスクも高くなるのだ。

 

しかし、人間は弱き生き物。

 

目の前に高リターン案件を提示されてしまうと、

たちまち目がくらみ、

たちまち理性を失い、

思わずその案件に全力投資してしまうのだ・・・

 

なぜ僕がそう語れるのか!?

 

もしかしたらあなたはご存知かもしれないが、

僕が無知だった若き頃、高リターン案件に目がくらみ、全力投資をしてしまい、

余裕資金が吹っ飛んだこともあったので(涙)

だから、あなたには僕と同じ誤ちを繰り返してはほしくないのだ。(切実)

 

SIN AFTER SIN = NG!

 

なんせ、失った資産を回復させるまでは本当に大変なのだから。(ここも切実)

 

資産を失うこと。

そう、それは、あなたがその資産を構築するまでに費やした時間を失うこと、

つまり「人生の一部分を一瞬で失う」のと同様なのだ!

 

全てが「欲に負けた自分の弱さから…

 

あなたには間違っても「一案件全力投資」などはせずに

アセット(資産)アロケーション(配分)を組み、

あなたのルールに則って資産構築をしていただきたい。

 

もう一度言うが、異なったリスクやリターンを持った資産を組み合わせることによって、

安定したリターンを追求することが可能になるのが アセットアロケーションだ。

 

是非、あなたに合ったアセットアロケーションを組んでほしいと思う。

 

縁故案件によるアセットアロケーション

僕がどんな資産を、どんな割合で分配しているか、

この記事を読んでくれるあなただけに教えよう!

 

と思ったが、僕の場合は「縁故案件」が多く、

正直、あなたにお伝えしても、参考にならない可能性をスゴク感じたのでめておく。

 

例えば「外国株式に20%」「国内株式に20%」といった所で、

どれだけ利益を生み出す確度の高い銘柄を所有できるかが異なってしまうからだ。

これは「縁故案件」が故だ。

 

参考程度ではなく、しっかりと覚えておいてほしいのだが、

縁故案件」というものは、お金み余裕のある投資家同士の「横のつながり」で来るのだ。

 

ということは、ササッと資金が集まってしまうので、インターネット上にはなかなか情報が出てこないし、

仮に出てきたとしても、なにかボンヤリとした抽象的な情報でしか出ていないだろう。

 

だから、一般の人には、良い投資情報が集まらず、

一部のお金持ちにばかり、良い投資情報が集まるのだ。

 

さて、なにやら色々と話がふっ飛んでしまったが、今日は何が言いたかったかというと、

  • 自動で負けちゃ駄目!
  • 資産の配分をしなきゃ駄目!
  • 余裕資金で投資しなきゃ駄目!
  • 資産配分をしなきゃ駄目!
  • 繋がりを大切にしなきゃ駄目!

ということだ。

 

本日、最後に一言。

それは「投資は無くなってもいいお金でやる!」ということだ。

「無くなっていいお金」など1円たりとも無いのは僕も同じだ。

しかし、「投資は無くなってもいいお金でやる!」のだ。

 

切実にあなたに伝えたいのは、投資はリスクを伴うものだから、

あなたの生活に影響を及ぼすお金は使ってはいけない!

余裕資金でやりなさい!!!

 

また、あなたの人生に役立つ情報をシェアさせていただくのでお楽しみに!

 

 

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

3つの手法の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています。

3つの手法
【年利100%】流動性マイニングとイールドファーミングで稼ぐ方法
【年利24%】2つの取引所を使って限りなくローリスクで高配当を得る手法
ビットコインの買い時と売り時がわかる2つのチャートを使ったトレード術

「勝ち負けの投資」ではなく
「勝ち勝ちの投資」でありながら
基本的には「放ったらかし」という都合の良い手法をメールマガジンでご紹介します。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

ブログランキング応援ぽち

ブログランキング1位獲得を目指してます。 応援ポチをお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です