縁故情報はLINE@限定でお届けしています。一定数で締切りますのでお早めにご参加ください。

坂本のプロフィール

ご挨拶

お楽しみ様です。
坂本です。

仮想通貨と金融が大好きな
ITベンチャー企業を経営しているオジサンです。

たまに大手メディアに記事寄稿したりします。

趣味は投資とトレードで
仮想通貨
フショア長期積立
海外不動産投資
事業投資

FX(自動売買)

なんかの一般的な投資をはじめ
ネットで探しても決して見つからない案件
にも複数投資をしています。

お陰様で「本業」の会社経営とは別で
小さいながらも「利益の源泉」が増え続けています。

加えて。

もし仮に源泉のひとつに
何かが起きてしまったとしても
その「穴」が埋まるようにしています。

このリスクヘッジした状態はかなり強い。

なによりも大事なのは「本業」なので、
「本業に影響を及ぼさないこと」
コレだけは譲れません。

なんでリスクヘッジをしながら
複数の良い案件に参加できているかといえば、
本当に「良いご縁」のお陰です。

本当に良い情報・モノ・サービスは人からしかきません。

ネット社会だからこそネット上には決して出回りません。
なぜなら大切な情報ほど人が運んでいるからです。

この事実をこの10年で身に染みるほど感じてきました。

「何を知っているか」は大事ではなく
「誰を知っているか」はめちゃくちゃ大事です。

金融は修羅の世界(2,000万円を失いました)

すでにあなたもご存知かも知れません。

投資の世界には詐欺師や悪徳金融商人が存在し、
投資経験がまったくない情報弱者を狙って
他意のある珍妙で胡散臭い情報と共に寄ってきます。

私が言う悪徳金融商人とは
投資の世界に人脈・知識のない情報弱者を騙す
詐欺師だけを言っているのではありません。

誰でも知っている超有名企業で販売されている商品でも
そういった類のものは売られているのです。

証券会社であろうと、
銀行であろうと、
所詮はいち企業でしかない。

彼等は生き残るために、
顧客の資産を食いつぶしてでもしっかりと稼ぐ。

そうです。

一見まともに見える証券会社で働く人間、
証券者のアナリストでさえも、
所詮はサラリーマン(従業員)でしかないのです。

彼らは予算、ノルマを抱え、顧客の資産を殖やすことよりも、
予算、ノルマを達成することを重視します。

アナリストは自分の企業に都合の良いように情報を流します。

事実、私の知人が情報操作側の人間なのですから。

笑顔の下には
「いかに情報操作によりノルマを達成しようか」
という思惑で一杯なのです。

右も左もわからないド素人だった頃の私は
出処が明らかではない輩と出会ってしまい、
そして彼らと親交を深め、
これが最悪の結果につながってしまうのですが
結果としては当然の如くやられました。

金額にして2,000万円全てを失ってしまいました。

もう傷つき打ちのめされました。

・・・私の人生最大の大失敗です。

ひたすら後悔に苦しんでいました。

そう。

そんな経験からスタートした私だからこそ
身をもって知ることができました。

弱肉強食が色濃く反映される金融の世界は甘くはありません。

一寸先は闇とも言える「修羅の世界」だからこそ詐欺師がいて当たり前。

だからこそ、脳に汗をかいて金融の勉強をしなくてはいけません。
だからこそ、常識を捨て去って経験値を上げなければいけません。
だからこそ、「質の良い案件」を共有してもらえるだけの
「資金力」と「人間の器」がなければいけません。

手間がほとんどかからない形で
複数の「利益の源泉」を足していくことが大事です。

今でこそ起業して7年が経ち
たまに大手メディアに記事寄稿するようにもなりましたが
あの失敗から13年が経った今だからこそわかります。

情報を常識的に捉えて普通に行動しいるだけでは
その先に待ち受けているのは「弱者のまま」です。

大事なことは常識を捨て去って空きスペースを作り
そこに非常識を入れて行動することです。

つまり常識と非常識の交換をして行動するのです。

すると、徐々に徐々にこれまでの非常識が常識になり始めます。

これが「人生の好機」です。

今まで見えなかったことが見えてくるので
落ちてるお金を拾う技
なんかがチラホラと見えてくるようになります。

まさに私がその体験者です。

こういった技が「利益の源泉」となって増えていくので
本当に信頼できる仲間内やメルマガ読者さんとで共有したり、
ウマ味のある情報を共有してもらったりしています。

ここ数年で「利益の源泉」を2つ、3つと増やす仲間が増えてきました

あなたには今、何らかの収入があるでしょう。

そんな収入の柱がある「今だからこそ」
その収入をまったく邪魔しない形で
つまり、手間がほとんどかからない方法で、
そこに複数の「利益の源泉」を足していくことが大事です。

誤解しないでください。

なにもひとつひとつの「利益の源泉」が
ドエライ金額でなくてもいいじゃないですか。

ひとつの「利益の源泉」で月に数万といった
誰でも十分に狙える範囲でいいのです。

そんな「利益の源泉」を分散させること自体が
リスクヘッジとしての役割も果たします。

大事なことはたった一歩を踏み出すこと。

それだけで確実に人生は変わります。

必ず「自分の力で生きていく力」を身に着けてほしいと真剣に思っています。

私のように苦しい思いをせずに
投資の世界で勝ち続けることができる人を一人でも多く増やそう。

一緒に喜びを分かち合おう。

そう思って始めたのが2013年から始めたこのメールマガジンです。

私のメールマガジンに期待して登録なさったあなたには
必ず「自分の力で生きていく力」を身に着けてほしいと
真剣に思っています。

だからこそです。

だからこそメールマガジンに登録なさった方に対しては
出し惜しみなどせずに全てをお伝えします。

そして、あなたには必ず
「自分の力で生きる力」を手に入れていただきます。