縁故情報はLINE@限定でお届けしています。一定数で締切りますのでお早めにご参加ください。

【図解】年換算金利10%「バイナンスレンディング」のやり方

お楽しみ様です。
坂本です。

今年に入って始まったバイナンスのIEO。

始まった当初は最低でも「5倍」が狙え、
良い時は「10倍」以上も狙えただけあってメチャクチャ人気がありました。

しかし。

今ではそのウマ味もなくなってきたので、
本日はIEOではなく「レンディング」での稼ぎ方について解説します。

あれ。

もしかして「レンディング」という言葉を聞いて、
「ウワッ。難しそう・・・」
「いあ。ヲレには関係ない。」
なんて思いました?

ご安心ください。

レンディングは銀行のサービスに言い換えれば「定期預金」のようなもの。

しかも、運用手順はスコブル簡単です。

本記事では仮想通貨のレンディングをやるメリットとデメリットに加えて、
具体的なバイナンスのレンディング手順を図解で丁寧に解説しますから、
今日からバイナンスのレンディングを始めて金利を受け取ることもできます。

それでは参りましょう。

仮想通貨レンディングとは

具体的手順に入る前に事前知識として仮想通貨のレンディングについて解説します。

当たり前のことですが「得体の知れないモノ」に投資してはいけません。

仮想通貨のレンディングのレンディングとは
あなたが保有している仮想通貨を仮想通貨取引所に「一定期間」貸し出して、
「貸付数量に応じた金利」を得ることができるサービスです。

「貸仮想通貨」なんて呼ばれたりもしていますね。

将来的な値上がりを期待して「ガチホ」して眠らせている通貨があれば
取引所に貸し出して通貨数を増やすことができるので、
かなり魅力的なサービスです。

仮想通貨レンディングの仕組み

いくら銀行の定期預金のようなモノといっても、
対象が銀行から仮想通貨取引所に変わっただけで
一気にきな臭く感じてしまうかもしれません。

しかし、レンディングはしごく真っ当な投資です。

仕組みを解説します。

仮想通貨取引所が仮想通貨を「貸したい人」と「借りたい人」との仲介をします。

ここで「仮想通貨を借りたい人が誰か」気になるかも知れません。

「借りたい人」とは取引所に金利を支払って、
手持ち資金の数倍の金額を動かすことができる「信用取引」を行う投資家です。

つまり。

我々「貸し手」は仮想通貨取引所を介して
信用取引を行いたい「借り手」に仮想通貨を貸し出し、
その対価として金利を受け取ります。

これが仮想通貨レンディングの仕組みです。

ちゃんと仕組みを知れさえすれば一気にきな臭さが消えますナ。

仮想通貨レンディングのメリット

ここからは仮想通貨をレンディングをするメリットを紹介します。

仮想通貨を預けるだけで利益を得ることができる

さきほどもお伝えしたように仮想通貨を預けている「だけ」で
金利を得ることができるのが最大のメリットです。

つまり、手間をかけずに利益を得ることができます。

利率が非常に高い

一般的な銀行の定期預金の金利が年率0.01%~0.2%であることに対して、
仮想通貨のレンディングでは年率約10%超えもあるのですから圧倒的に利率が高いですな。

持ち逃げされにくい

仮想通貨のレンディングは取引所が仲介するので、
借り手が貸し手の資金を持ち逃げするというトラブルは起こりにくいです。

個人間の不正が起こりにくいのは安心材料です。

仮想通貨レンディングのデメリット

続いて、仮想通貨レンディングのデメリットも解説します。

取引所の破綻リスク(GOXリスク)

仮想通貨レンディングは取引所が行うサービスだからこそ、
取引所が破綻してしまうと預けていた通貨が戻ってこない可能性があります。

というよりも、ほぼ戻ってこないと考えてください。

加えて、レンディングで預けた仮想通貨は分別管理の対象外となることもあり、
万が一にも取引所が破綻した場合には、
預けた資金が返ってこない事態となる可能性があるので
取引所は慎重に選ばなければいけません。

価格変動リスク

レンディングを行っている期間は
(貸出期間が満了して手元に戻ってくるまで)
資産を移動したり、売却することはできません。

例えば、レンディングしている仮想通貨が
爆上げしたことで売却して利確したいと思っても、
爆下げして売却して損切りしたいと思ってもできません。

貸出期間中に途中解約して資産を引き出すという方法はありますが、途中解約手数料が発生します。これは取引所によって異なるので、始める際には確認する必要があります。

ここまでの中間まとめ

  • 仮想通貨レンディングは「貸仮想通貨」
  • 仮想通貨レンディングの仕組みは取引所の仲介
  • 預けるだけで利益を得ることができる、利率が高い、不正が起こりにくいなどのメリットがある
  • 取引所の破綻、価格変動などのリスクがある

仮想通貨のレンディングは
長期保有を考えている「ガチホ通貨」においてはかなり魅力的なサービスですが、
いつサービスが終了してしまうかわかりません。

国内のレンディングサービス「CoinOn」が
「2019年11月8日」を目処にサービス終了を発表したように、
バイナンスレンディングもいつサービス終了するかわかりません。

(今年始まったIEOはオワコンだしソロソロかしら・・・)

我々のような庶民トレーダーは「稼げるタイミングで稼ぐ!!」ことだけを考えて、
常にアンテナを張って鮮度の高いところに身を寄せてシコシコと稼いでいくのみです。

バイナンスレンディンクとは

お待たせしました。

ここからはバイナンス レンディングに特化して話を進めます。

バイナンスレンディングは、あなたの保有している通貨をバイナンスへ貸し出し、
一定期間(14日間)を経て元本と利息と受け取るサービスです。

14日間の期間が終了するまで、預け入れた仮想通貨を引き出すことはできないので、引き出しを行う予定のない余裕のある範囲で貸し出し額を決定することは重要です。

仮想通貨の値動きは非常に大きいため、
仮想通貨を長期保有することを予定していて取引などを行うことなく、
安定して保有量を増やしていきたい場合に魅力的な選択肢となります。

バイナンスレンディンクを成功させるツボとコツ

残念ながらバイナンスレンディングは
募集と同時に数分~数十分で募集が終了してしまいます。

とはいっても、数日で新しいレンディングの募集が始まるのでご安心ください。

ただし、募集する通貨は毎回異なりますから、
事前にBinanceのニュースで確認しておきましょう。

確認したら募集が始まる前にバイナンスに対象の通貨を移動させておく。

これがバイナンス レンディングを成功させるツボとコツです。

バイナンスレンディングを運用できるコイン

2019年10月時点でレンディングできる通貨は以下の通りです。

それではレンディングの運用手順をご案内します。

驚くほど簡単ですから腰を抜かさないでください。

バイナンスレンディング運用手順

手順1.バイナンスにアクセス

バイナンスの公式ページにアクセスします。

※Binanceの口座開設がまだ終わっていなければ、こうちらの口座開設マニュアルを参考に開設ください。
口座開設マニュアルはこちら
https://clubjade.info/report_binance/binance.pdf

手順2.Lendingを選択

バイナンスにログイン後、上部にある「Earn」をクリックして、
プルダウンメニューから「Lending」を選択します。

手順3.レンディングしたい通貨の選択

レンディングの募集が始まると下図のようにカウントダウンが表示されるので
レンディングしたい通貨の「Subscribe」をクリックします。

手順4.ロットの指定

「LotSize」は最低ロット数が表示されているので、あなたが購入するロット数を入力します。

利用規約に「✔」を入れ「Confirm purchase」をクリックします。

はい。

以上で完了です。

あとは金利が自動で付与されるのを待つのみです。

驚くほど簡単でしたね。

相場の分析を必要とせずに投資を始めることができ、
少額からでもスタートできるので、是非チャレンジなすってください。

【おまけ】バイナンスのIEOはオワコンです

IEOに参加するためには「BNB」を保有する必要があり、
つまりはBNBの価格変動のリスクを取ってIEOに参加する割には、
「抽選」のハードルが上がり続け、仮に参加できてもリターンはションボリ傾向。

加えて。

9月30日には
「30種類の仮想通貨を上場廃止にするよ」と公式アナウンスがあったので
「どれどれ。どの通貨じゃい」と確認してみると・・・

悲しいかな、IEOしたの通貨のうち4種類も含まれていました。

IEOしたが上場廃止となる通貨

・BitTorrent(BTT)
・Elrond(ERD)
・Harmony(ONE)
・WINk(WIN)

「・・・コレまずいヤンケ。」

同時にこうも思いました。
「もうバイナンスのIEOはオワコンですな。」

はい。

ということで、バイナンスを使って稼ぐ種は
8月下旬から始まった「レンディング」に完全にシフトして
こっちでシコシコと稼いでいくことにしました。

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

3つの手法の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています。

3つの手法
  1. 【年利100%】流動性マイニングとイールドファーミングで稼ぐ方法
  2. 【年利24%】2つの取引所を使って限りなくローリスクで高配当を得る手法
  3. ビットコインの買い時と売り時がわかる2つのチャートを使ったトレード術

「勝ち負けの投資」ではなく
「勝ち勝ちの投資」でありながら
基本的には「放ったらかし」という都合の良い手法をメールマガジンでご紹介します。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

ブログランキング応援ぽち

ブログランキング1位獲得を目指してます。 応援ポチをお願いいたします!!