【GameFi】ゲームで仮想通貨を稼ぐPlay to Earn

お楽しみ様です。
坂本です。

「DeFi」「NFT」に続いて投資資金が続々と流入している「GameFi」をご存じですか?

GameFiをサクっと解説すると「市場で売買可能なトークンが稼げるゲーム」です。

坂本
「GameFi」は最近のクリプト界隈のバズワードですから覚えておきましょう。

もうね、2021年はじめの「DeFi熱狂」を思い出します。

ブロックチェーンゲームが大変な盛り上がりを見せているなかで、まだ「GameFi」を知らないのでしたら、ぜひこの機会に知ってしてくださいね。

2021年8月には「GameFi」に投資するためにトロン財団が3億ドル規模のファンド「トロン・アーケード」を立ち上げたりと急成長してるんですね。

本記事ではGameFiの概要説明から、実際にGameFiが導入されているゲーム「CryptoBlades」「Axie Infinity」もあわせてご紹介します。

こんな方におすすめ
これから仮想通貨で稼ごうと思っている方
ゲームも好きで仮想通貨も好きな方
ゲームアイテムをNFTマーケット売りたい方

それでは参りましょう。

ゲームで仮想通貨を稼ぐ「GameFi」とは

「GameFi」とは「Game」と「Defi」を合わせた造語です。

「GameFi」という単語も覚えておいてほしいのですが、一緒に「Play to Earn」も覚えてください。というのも一昔前は「ゲーム=悪」みたいな風潮だったじゃないですか。

しかし今はゲームプレイヤーがブロックチェーンゲームを使ってリアルマネーを稼ぐ時代です。このゲームで仮想通貨を稼ぐことを「Play to Earn」っていうんですね。

坂本
親より稼ぐ子供がワンサカ出てくるでしょうナ。

GameFiの稼ぎ方

実際にどうやって稼ぐのかをご紹介します。
まずは登場人物の属性です。

●「時間はあるけどお金がない」属性の人
●「時間はないけどお金がある」属性の人

彼らがブロックチェーンゲームを使って「トークン」と「NFT」で稼ぎます。

2021年9月現在、それぞれの属性はこういった方です。

●時間はあるけどお金がない ⇒ フィリピンやベトナムの農村の貧しい人
●時間はないけどお金がある ⇒ YGG(YIELD GUILD GAMESというNFTレンディングプラットフォーム)

それでは実際に稼ぐまでの手順をご紹介します。

  1. プレイヤーがゲームの勝率を高めるために強いキャラクターや武器(NFT)を欲しがる
  2. YGGが強いキャラクターや武器(NFT) をプレイヤーへ貸し付け
  3. プレイヤーはプレイしてゲーム内通貨を稼ぎ、武器(NFT)も入手する
  4. プレイヤーはゲーム内通貨と武器(NFT)を売却してフィアット(法定通貨)に交換(←ココでプレイヤーの利益発生)
  5. プレイヤーはYGGに貸付額を返済( ←ココでYGGの利益発生)
  6. プレイヤーは美味しいものを食べたり、車や家を買って需要を満たす
  7. プレイヤーは投資家となり仮想通貨やNFTを売買する
YGG(YIELD GUILD GAMES)と

ゲーム内アイテムを購入し、Play to Earn をしているゲームプレイヤーに貸し出して、プレイヤーが獲得した報酬の分配を受ける組織です。

ブロックチェーンゲーム「CryptoBlades」

ブロックチェーンゲーム「CryptoBlades(クリプトブレイズ)」。
仮想通貨とNFTを使ったゲームです。

開始時に1キャラ作成するのですが、これはゲーム内通貨の「SKILL」で購入します。
そのためにはバイナンスコイン(BNB)を購入して、BNBをSKILLに交換します。

また、ゲーム内での取引手数料はバイナンスコインで支払います。

ではどこで稼ぐかというと2つです。

  1. CryptoBladesをプレイすることで入手できるゲーム内通貨「SKILL」を売却する
  2. CryptoBladesのキャラクターや武器はNFT(世界中に一つしかない希少性の高いデジタル資産)マーケットで売却する
坂本
ゲームとDeFiは非常に相性がよく、流動性の提供をしてくれることから資金が様々な機関から入っています。

ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」

ベトナムのSky Mavis社が運営する2019年12月にリリースされたブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」。

「アクシー」と呼ばれるファンタジー上の生物を集め、育て、繁殖させ、バトルすることをテーマとしたゲーム。
いまや1日あたりのアクティブユーザー数が100万を突破している大人気ゲームです。

新型コロナウイルス流行によってこれまでの仕事がストップした人が代わりの仕事を探した結果、遊んで稼ぐ「Play to Earn」モデルにガチっとハマたことがプレイヤー数を大きく伸ばした要因ですね。

TokenTerminalによると2021年6月~7月にかけて3,340万ドル(37億円)の収益を生み出したゲームで2021年現在は最も人気があります。

坂本
ちなみにまだ日本語対応はしてません。つまり日本国外の居住者に向けてのサービスですが、実際は日本居住者もプレイしてますよ。

Axie Infinity での稼ぎ方「3つ」

アクシーはトークン化されているので、ユーザーは自分のアクシーに対して「所有権」を持ちます。
つまり、取引して売却することや、サードパーティーのサービスやゲームを開発することもができます。

それではAxie Infinityユーザーがゲーム内で稼げるポイント「3つ」をご紹介します。

  1. バトルで手にいれたSLPSmall Love Potion)を売却する
  2. キャラクターや武器をNFTマーケットで売却する
  3. AXSトークンをステーキングしてゲームを遊ぶと、AXSトークンがもらえる

GameFiの代表的な銘柄

代表的な銘柄は先ほど紹介した「SKILL」「AXS」以外のGameFi銘柄もご紹介しておきますね。

● ZOON(育成ゲーム)
● SAND(開発ゲーム)

どちらもアイテムの売買で利用されており、2021年内に価値が上昇しています。

ZOONは5倍
SANDは25倍
の高騰です。

GameFiで仮想通貨を稼ぎ、リアルマネーを稼ぐ仕組みによって、今後もGameFi関連銘柄は価値を高めていくでしょう。

ただし、ゲームの面白さによって多くのプレイヤーが集まることが条件です。人が集まりさえすれば、その中でアイテムの売買が繰り返されることで仮想通貨の価値も高まっていくという循環です。

DeFiのおさらい

「GameFi」を解説しましたが、その基本となる「Defi」の解説も加えます。

坂本
知っていたら読み飛ばしてください。

DeFiを簡単に言ってしまうと、従来の金融サービスブロックチェーン上で行う金融サービスです。

この「ブロックチェーン上で」というところがミソで、従来の金融サービスを比較すると次の点が異なります。

  • 中央管理者がいない(中央集権型ではない)
  • 分散型ネットワークによる自律したエコシステム

「DeFi」が注目される理由

「DeFi」が注目されている理由。

それはVISAやPayPalといった仲介業者を排除して、決済できるようにしたことです。

たとえばコンビニでコーヒーをクレジットカードで買うと、取引を管理している金融機関がコンビニとの取引の中に入り、自社の台帳に取引を記録します。場合によっては取引を中断したりしたり、手数料を取ったりしますが、仮想通貨ならばそうした管理者が不要になります。

坂本
仲介業者を排除できることは、額が大きいやりとりをする人には好都合です。

「DeFi」の懸念点

バブル崩壊の懸念

Defiはまだ生まれてから間もないシステムのために実績が足りません。

最近のDeFi市場は技術に対する期待で加熱しているので、DeFiバブルがいつ弾けるかのかという懸念があります。

取引に問題があった場合自己責任になる

DeFiのサービスには運営者が介在しないので利用中に起こった問題はすべてユーザーの責です。

既存の金融機関であれば、システム障害が原因でユーザーに損失があった場合には運営者が損失を補償しますよね。

しかし、運営者が存在しないDeFiには補償する機関がないので、サービス利用中に問題が発生して損失があったらそれまでです。

DeFDeFiを使った有名どころのサービス

この項目ではDeFiを使った有名どころのサービス4つをご紹介します。
より詳しく解説したページへのリンクもあわせて貼っておくので、どうぞご覧になってください。

  1. Compound(コンパウンド)
  2. MetaMask(メタマスク)
  3. 予測市場
  4. フラッシュローン

Compound(コンパウンド)

Compoundは仮想通貨の銀行のようなサービスです。

貧困などの理由で銀行口座を持てずにいる17億以上の人達が金融サービスを利用できます。

「信用」が必要ない仕組みだからこそ、素性の知れない相手にお金を貸すこともできるし、素性の知らない相手とトークンを売買することができます。

MetaMask(メタマスク)

仮想通貨専用のWebウォレットサービス。

イーサリアムをベースに発行されたERC-20トークンを保管することができます。

予測市場

将来の出来事に賭けるための市場です。

たとえば「2022年の大統領選では以前の大統領が再選されるか?」といった将来のイベントに対してユーザーがベットを行いお金を稼ぐ仕組みです。

有名なのはIntrade(イントレード)やPredictit(プレディクティット)という市場です。

坂本
政府から嫌われ閉鎖されることもあるくらい、優れた結果を残してきました。

フラッシュローン

無担保で大きな資金を動かせる仮想通貨ならではの借入手法です。

1トランザクション内で借りて返済する場合は「無担保」でお金を借りられます。

「GameFi」のまとめ

この記事では「DeFi → NFT → GameFi」のブームでぞくぞくと世界中から資金が集まっているGameFi について解説しました。

加えて、ゲームをプレイした発展途上国の人たちの人生までも変えている点も解説しました。

坂本
人々を騙して不幸にする魔界の悪貨と違って、人々の生活を豊かにする良貨は素晴らしいですナ。

現在の銘柄はあまり多くないものの、GameFiによる価値上昇は非常に優れている部分があり、すべての銘柄で高騰しています。今後も新しいGameFiが登場することで、更に価値を高める銘柄が出てくるでしょう。

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

3つの手法の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています。

3つの手法
  1. 【年利100%】流動性マイニングとイールドファーミングで稼ぐ方法
  2. 【年利24%】2つの取引所を使って限りなくローリスクで高配当を得る手法
  3. ビットコインの買い時と売り時がわかる2つのチャートを使ったトレード術

「勝ち負けの投資」ではなく
「勝ち勝ちの投資」でありながら
基本的には「放ったらかし」という都合の良い手法をメールマガジンでご紹介します。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

ブログランキング応援ぽち

ブログランキング1位獲得を目指してます。 応援ポチをお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)