縁故情報はLINE@限定でお届けしています。一定数で締切りますのでお早めにご参加ください。

仮想通貨の節税はこうやっています「真面目」「裏道」「奥の手」

お楽しみ様です。
坂本です。

今年もあと5日。

年の瀬でお忙しいとは思いますが、
本日は「仮想通貨の節税」についてのお話ですから
どうぞ 最後までお付き合いくださいませ!!

仮想通貨にかかる税金はメチャクチャ不利

この時期に真剣に考えるのが「仮想通貨にかかる税金」です。

悲しいかな。
仮想通貨にかかる税金はいまだに「雑所得」。

雑所得の課税方法は「総合課税」ですから
最大の課税率が「45%」とメチャクチャ不利。

そこで。

納税額を少しでも下げようと
だたでさえ「ケツの穴が小さい」にも関わらず
拍車をかけております。

仮想通貨に税金がかかるのは
仮想通貨を「カネ」や「モノ」に交換したとき。

例えばこんなときです。

  • 仮想通貨を円に換える
  • 仮想通貨で商品を購入する
  • 仮想通貨を他の仮想通貨に換える

つまり。
「むやみに利益確定をしない」ことは大切です。

しかし。
投資ですから必ずどこかで利益確定をする必要があります。

【真面目】具体的にはこうやって利益を小さくしています

そこで私は真面目にこんなことをやっています。

利益を抑える具体的なやり方(真面目)
  1. 今年1年間の損益を算出
  2. 利益が多い場合は「損失がでそうな通貨を年内に利確させる」
    損失が多い場合は「利益が出ている通貨を年内に利確させる」

これによりバランスと取りながら利益を小さくしています。

もしかしたらあなたは
「仮想追加の税金計算って面倒臭そう」
とお思いかもしれません。

ご安心ください。

①の「今年1年の損益を算出」する作業は
「CRYPTACT」を活用することで
仮想通貨取引にかかる税金を簡単に算出できす。

無料で利用できることに加え、
対応している取引所が多いので、
仮想通貨トレードをやられているのでしたら
非常にオススメですよ!!

「総合課税」から「申告分離課税」になるまで待つのはオススメしません

それともうひとつ。

「総合課税」から「申告分離課税」になるまで待つのもひとつの手でしょう。

総合課税は「最高45%」の税金がかかりますが、
申告分離課税は所得の金額に関わらず「20.315%(復興税含む)」の税率です。

「45%」と「20.315%」では月とスッポン!!

しかし。
コレがいつ実現するのかがわかわない・・・

例えばビットコインゴールド(BTG)は
2017年12月「400ドル」が
2019年12月「5.8ドル」となっています。

不確定要素はドンドン排除することも大切ですから、
今の時点では「利益」と「損失」を上手にぶつけていくのが最良です。

【裏道】あなたのご想像通りあります。

ちなみに。

本日の記事のタイトルに「真面目」という言葉を入れていますが、
もちろん「裏道」もあります。

もし「裏道」をお知りになりたい方はこちらの記事をご覧ください。

予めお伝えしておきます。
「脱税は違法」ですからお取り扱いにはご注意くださいませ。

【奥の手】最強の節税効果が見込めます

ここまでの話で

  1. 真面目に「利益」と「損失」を上手にぶつけていく
  2. バレるの覚悟でOTC取引を使う
  3. 「総合課税」から「申告分離課税」になるまで待つ

と、3つのやり方をお話しました。

しかしどれも「最も有益」ではありません。

我々、個人投資家にとって最も有益な節税は
「パーペチュアルトラベラー」になることです。

なぜなら。
税金がかからない国に移住する「だけ」で
かなりの節税効果が見込めるのですから。

ご興味があれば年末年始の読み物として
どうぞご参考になさってくださいませ。

合わせて読みたい
合法的脱税マニュアル

さあ。
今年もあと5日。

本腰を入れ仮想通貨にかかる税金をチェックしながら、
来年の目標をジックリと立てていきましょう!!
(私は「真面目コース」です)

本日はお読みいただきありがとうございました。

次回はもっと濃い情報をお届けしますので
お楽しみになさってください。

こちらの情報もあわせてご覧ください。


ブログランキング応援ぽち

ブログランキング1位獲得を目指してます。 応援ポチをお願いいたします!!
仮想通貨ランキング
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へにほんブログ村

期間限定無料レポート プレゼント

公式メルマガ ご登録はこちら

縁故案件情報はLINE@限定でお届けします。

友だち追加

坂本秀人のプロフィール

Powered by WishList Member - Membership Software