縁故情報はLINE@限定でお届けしています。一定数で締切りますのでお早めにご参加ください。

エアドロップによる詐欺、個人情報収集、ハッキングに会わない秘訣(大事です)

お楽しみ様です。
坂本です。

無料で仮想通貨がもらえる「エアドロップ」。

有名どころでいえばビットコインキャッシュ(BCH)ですね。

ビットコイン(BTC)と同量の
ビットコインキャッシュ(BCH)がエアドロップされ
当初6万5,000円ほどの値が付いていたのが、
仮想通貨バブル絶頂期には約43万円の高騰です。

これはバブルも重なった最も「良い例」ですから、
今後、このようなことが起きる可能性は相当低いと思った方がいいでしょうね。

魅力しか目に入らないエアドロップですが、
なかには詐欺、個人情報収集、ハッキングなど
キナ臭いエアドロップもあります。

つまり、どのエアドロップに参加するかは
本気で慎重にならなければいけないのです。

本記事ではエアドロップとは何か、
そのエアドロップの目的を「改めて」知っ上で、
痛い目に会わない秘訣を丁寧に解説します。

どうぞ最後までお読みくださいませ。

仮想通貨がエアドロップをする目的

まず最初に「エアドロップとはなんぞや」というところから参りましょう。

冒頭でもお伝えしたように仮想通貨が無料配布されることですが、
そもそも「なんでエアドロップなんかするの?」という疑問にお答えしておくと、
より多くのユーザーに仮想通貨を保有してもらって、
より多くの量を流通させることを目的とするマーケティングの一環です。

そりゃあそうです。

仮想通貨は日々新しい種類が開発され続けているので、
1,000種類以上もし存在しています。
(2,000種類以上という説もあります。)

この中で勝ち抜いていかなければなりませんから、
生半可なマ―ケティングをやっているようじゃあ未来はありません。

いくら素晴らしい理念のもとに登場した通貨であっても
中途半端なマ―ケティングをやっていては失敗するのは目に見えています。

そこで超強力な武器である「エアドロップ」をマーケティング材料として使うことで、
仮想通貨の認知度を高めまくって流動させることで仮想通貨の「価値を高める」のです。

これがエアドロップの目的です。

仮想通貨のエアドロップを始める前に

ここからは我々、受け取り側の話にまいります。

エアドロップを受け取るにあたり、
その仮想通貨ごとに「参加条件」がことなりますが、
坂本の経験上、次の「3つ」を事前に準備しておけばOKでしょう。

  1. ウォレット
  2. SNSアカウント
  3. メールアドレス

それではひとつづつ丁寧に解説します。

ウォレット

ウォレットは仮想通貨用の財布のようなものです。
受け取りたい仮想通貨に対応できるものを選びましょう。

ウォレットについてはこちらの記事で細かく解説しています。

SNSアカウント

SNSではエアドロップの情報収集ができることに加えて、
自分のアカウントからお知らせをリツイートすることが
エアドロップの参加条件
になっていることがあります。

そこで、Twitter、Facebook、Slack、Telegram、Discordあたりの
アカウントを作っておけば大丈夫でしょう。

メールアドレス

エアドロップに参加する際に、メールアドレスを求められることもあります。

万が一にも「詐欺」に遭ってしまう可能性があることを考え、
YahooメールやGmailのフリーメールで作っておくのが良いでしょうな。

仮想通貨のエアドロップを受け取る方法

エアドロップをもらう方法は次の「3つの方法」があります。

これはエアドロップする通貨によって変わってくるので、
「3つの方法」があることを覚えておきましょう。

仮想通貨のコミュニティに参加する

仮想通貨のSNSアカウントをフォローしたり、
Discordのコミュニティに加わることで、
エアドロップに参加することができます。

日本最大級の仮想通貨コミュニティ「Reciprox」には、
3,000人近いメンバーが参加しています。

Discordのサーバーに参加し、表示されるキーワードを入れると
通常の登録時よりも多い量のエアドロップを獲得できたりもします。

加えて、コミュニティではタスクをこなしたり、
クイズに答えたりすることでさらにエアドロップ量を増やせる
「賞金キャンペーンが実施」されることなんかもあります。

仮想通貨を保有する

仮想通貨を保有している人を対象にエアドロップが行われます。

エアドロップの参加資格を得られる保有期間は通貨によって異なるので、
事前に確認しておくことが大事です。

ハードフォークが行われる仮想通貨を保有する

「フォークド エアドロップ」は、
仮想通貨を成り立たせているブロックチェーンが分裂し、
新しい通貨が誕生する「ハードフォーク」のときに行われます。

分裂前の通貨の保有者に対して、新通貨がエアドロップされます。

最も有名なハードフォークと言えば冒頭でも出てきた
ビットコインキャッシュ(BTH)でしょう。

エアドロップで詐欺に逢わないために

お待たせしました。

ここまでは「復習」で、ここからが「本題」です。

結論から言いますが、巷でたまに見かける
「あとで必ず価格が高騰する!!」という
マーケッター都合の「売り文句」につられて、
安易にエアドロップに申し込む必要など全くありません。

注意しておくべきは
エアドロップの申し込み時に「メールアドレス以上の個人情報」を求めてくるものは、
エアドロップをエサにした個人情報収集でしかないと思って避けるべきですわ。

また、いかにもまともそうな「専用サイト」へ移動して、
クレジットカードやら本人確認書類の情報を求められるようなことが
サッとページを閉じるのが身のためです。

さらに。

●アプリケーションをインストールさせるもの
●ウォレットの秘密鍵を要求してくるもの
●SNSからのAPI連携が必要とされるもの
これはハッキング目的でしかないので確実に命取りになります。

決してリクエストに応えてはいけません。

冷静に考えればこれらのキナ臭さには気付くのですが、
「必ず絶対儲かる!!」という謳い文句で思考をクラッシュされている状態だと
やられてしまうのが「人」ですから仕方ありません。

どのエアドロップに参加するかは慎重になるためにも
常に平常心を忘れない努力をするのが一番です。

まとめ

(いつものことながら)長々くなってしまいましたが、
無料で仮想通貨を手に入れることができるエアドロップについて解説してみました。

今や多くの仮想通貨があり、かなりの数のエアドロップが行われているため、
どれを選ぶかには慎重にならなければいけません。

大事なことは、
仮想通貨を広めるためのマーケッティングによるエアドロップなのか、
それとも、キナ臭い輩の詐欺なのか、
コレをコミュニティに参加して情報収集をしながら見極めた上で
エアドロップに参加するということです。

こういった作業をする時間が取れないのであれば、
「ハードフォークが行われる仮想通貨を保有する」
だけでも十分です。

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

3つの手法の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています。

3つの手法
  1. 【年利100%】流動性マイニングとイールドファーミングで稼ぐ方法
  2. 【年利24%】2つの取引所を使って限りなくローリスクで高配当を得る手法
  3. ビットコインの買い時と売り時がわかる2つのチャートを使ったトレード術

「勝ち負けの投資」ではなく
「勝ち勝ちの投資」でありながら
基本的には「放ったらかし」という都合の良い手法をメールマガジンでご紹介します。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

ブログランキング応援ぽち

ブログランキング1位獲得を目指してます。 応援ポチをお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です