【イーサリアムキラー】仮想通貨Avalancheの将来性に期待できる2つの理由

お楽しみ様です。
坂本です。

Avalanche(アバランチ)というスマートコントラクトのプラットフォームをご存じですか?

Avalancheは「polygon」「solana」と並ぶ新興プラットフォームです。

坂本
イーサリアムからシェアを奪い初めていることもありチラホラと話題になります。

とはいっても新興プラットフォームです。

じゃあ、Avalancheが将来性のないゴミかといえばそうとも言い切れません。

2021/6/29にはUSDCを発行するCentreの対応チェーンにもなってますからね。

既存の3種類(Ethereum, Algorand, Solana)に、今回の10種類(Avalanche, Celo, Flow, Hedera, Kava, Nervos, Polkadot, Stacks, Tezos, Tron)が加わりました。

加えて、Avalancheで取引する際に利用する「AVAX」は2021年8月後半には6,000円台をつけました。

2021/8/28には「DeFi資産運用額が2,000億円超」と公表しています。

そこで本記事では Avalanche(AVAX) の特徴、仕組み、将来性についてわかりやすく丁寧に解説します。

仮想通貨Avalancheとは

まずはAvalanche(AVAX)がどの程度の規模なのかを知るために、有名どころのチェーンとTVL(DeFiに預け入れられた資産)を比較してみます。

ブロックチェーンTVL
ethereum61,000 M
bsc20,000 M
polygon8,000 M
heco3,700 M
fantom300 M
avalanche200 M
xDai100 M

こうやって数字で他と比較すると規模がわかりますね。

坂本
ちなみに「AVAX」とはAvalauncheを使用するときの手数料、支払う手段に使われます。

この「Avalaunche」の開発を牽引しているのがニューヨーク、ブルックリンを拠点としているTeam Rocketという匿名グループです。

Team Rocketはビットコインの創始者であるサトシ・ナカモトに影響を受けて、チームの名称の由来はアニメ「ポケモン」の主人公サトシの敵であるロケット団からだそうです。

サトシ・ナカモトに敵対していませんが、ビットコインを超えるものを生み出そうという意味でつけられています。

仮想通貨Avalancheの特徴

さて。
Avalanche(AVAX)一番推しの特徴はなにか?

それは「高速処理」の一言に尽きます。

というのも、Avalanche(AVAX)はVISAのクレジットカードと同等の処理能力である「毎秒4,500件」の処理が可能です。

これがどれだけスゴイかを知るために、ビットコイン、イーサリアムと比較してみます。

ビットコインの処理速度が毎秒7件程度
イーサリアム の処理速度が毎秒15件程度

坂本
しかもAvalanche(AVAX)はイーサリアムと高い互換性を有していますから、互換性がありながら高い処理速度をもっているので、「完全なる上位互換」になる可能性は捨てきれません。

マイニングプログラム avalanche Rush で価値が上昇

ここで、Avalanche(AVAX)の将来性を知るためにも、これまでに何があって価格が上昇してきたのか、その要因を時系列で追いかけてます。

2020年10月

上場した当初の価格は500円台でした。

その後、価値が下がり始め、一時期200円台に突入するなど、仮想通貨特有の価値を維持できない状態が続いてしまいます。

しかし、2021年に突入すると一気に価値が上昇します。

2021年2月

2月11日に6,000円を超える急激に上昇をみせました。

この要因は「Pangolin」と呼ばれる分散型取引所がスタートしたことによって、取引しやすい環境が整備されたことです。

しかし、その後は市場全体が下落傾向に陥ったこともあり下落傾向に突入します。
6,000円を超えていたAVAXは1,000円台にまで値下がりします。

2021年8月

2021年8月の後半になると再び6,000円台につけます。

この要因は「Avalanche Rush」と呼ばれるマイニングプログラムです。

AVAXの報酬が用意されていることで、多くの人が取引やマイニングを実施したことで価格が上昇しました。

仮想通貨Avalancheの将来性に期待できる2つの理由

お待たせしました。
それではAvalanche(AVAX)の将来性に参ります。

Avalanche(AVAX)の 将来性に期待できる理由は次の2点です。

❶アバランチコンセンサスを持っている
❷イーサリアムとの高い互換性

坂本
この項目ってかなりキモですからシッカリ目に読んでください。

アバランチコンセンサスを持っている

1つめの「アバランチコンセンサス」を知るにあたり「スケーラビリティ問題の根本的な原因はなにか?」を考えてみます。

それは、ビットコインやイーサリアムを構成するノード(ネットワークに参加している端末)は、基本的にすべて同じデータを持っていることです。

1万以上のノードが同じデータを持っているため、仮にその中の一部のノードが改ざんや攻撃を受けダウンしたとしても、別のノードが稼働しているために安全性が保障されています。

しかし、全てのノードが同じデータを持つからこそ、処理速度を高めることができません。

そこで、こんな思想が生まれます。

1万を超えるノードに確認する必要なく、一部のノードに確認すれば十分じゃね?

そこで、Avalanche(AVAX)はすべてのノードが同じデータを持っていなくてもいいシステムを開発したワケです。

これを「アバランチコンセンサス」といいます。

一言でいうとノードが承認するトランザクションを一部に限定する仕組みです。

坂本
アバランチコンセンサスによって処理速度を飛躍的に上昇させて、複数のトランザクションを効率的に処理できる仕組みというワケです。

イーサリアムとの高い互換性

Avalanche(AVAX)に将来性に期待できる理由の2つめは「イーサリアムとの高い互換性」です。

仮想通貨にはインターオペラビリティ問題という大きな問題があるのをご存じですか?

インターオペラビリティ問題とは
異なるブロックチェーン同士に互換性がなく、ビットコインやイーサリアムのシステムは完全に分断されているという問題です。

今まではビットコインを担保にイーサリアムでトークンを発行するといった「疑似的な互換性」を生むしかできませんでした。

これを実現するためには「仲介」も挟まなければなりません。

しかし、Avalanche(AVAX)はイーサリアムとの互換性を高くするように設計しているので、イーサリアムで動くアプリケーションはアバランチでも動きます

つまり「高い互換性」を有しているだけでなく「処理速度も速い」のです。

坂本
これが、新興プラットフォームがイーサリアムのシェアを奪う理由というワケですわ。

仮想通貨Avalancheのまとめ

ビットコイン、イーサリアムを超える処理性能を持ったブロックチェーンの登場は珍しいことではありません。

むしろ、よくあることです。

しかし、ほとんどのブロックチェーンがセキュリティを犠牲に処理速度を上げているのに対し、Avalanche(AVAX)はセキュリティは高い水準のまま処理速度を実現しています。

そうです。
Avalanche(AVAX)は高い処理速度とイーサリアムとの互換性が武器です。

またイーサリアム上で開発されたサービスもAvalanche(AVAX)への対応を広げています。

加えて、DEXとレンディングサービスを開発することを優先した助成金の提供や、アンバサダープログラムを用意し活動に応じてAVAXを付与するなど、マーケティング活動にも力をいれています。

坂本
Avalanche(AVAX) の今後の動きにも期待が持てるので要チェックですナ。

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

3つの手法の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています。

3つの手法
  1. 【年利100%】流動性マイニングとイールドファーミングで稼ぐ方法
  2. 【年利24%】2つの取引所を使って限りなくローリスクで高配当を得る手法
  3. ビットコインの買い時と売り時がわかる2つのチャートを使ったトレード術

「勝ち負けの投資」ではなく
「勝ち勝ちの投資」でありながら
基本的には「放ったらかし」という都合の良い手法をメールマガジンでご紹介します。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

ブログランキング応援ぽち

ブログランキング1位獲得を目指してます。 応援ポチをお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)