仮想通貨ソラニウム(SLIM)とガバナンストークン「xSlim」の獲得方法

お楽しみ様です。
坂本です。

あなたは仮想通貨ソラニウム(SLIM)を知っているでしょうか。

ソラニウムは、2020年から20201年にかけて価格を伸ばしたSolana(ソラナ)のネットワークで利用することができるDeFi(金融アプリケーション)です。

何やら難しい言葉が立て続けに出てきて困惑しますよね。

しかし、結論から言うとソラニウムは仮想通貨市場で主要のプラットフォームを形成しているイーサリアムを超える可能性のある特徴を持った将来に期待がかかる仮想通貨です。

本記事では、仮想通貨ソラニウム(SLIM)、ガバナンストークン「xSlim」の概要解説に加え、その獲得方法をご紹介します。

読み終わったときには「SLIM」と「xSlim」の理解が深まっていますから、どうぞ最後までお読みになってください。

こんな方におすすめの記事です
  • ソラニウムについて理解を深めたい
  • 今後爆上がりする可能性を秘めた仮想通貨を知りたい
  • ソラニウムを保有する方法を知りたい
  • IDOプラットフォームで優先的に参加チケットを獲得したい

ソラニウム(SILM)とは

タイプ

Solana(ソラナ)のSPLトークン

ティッカーシンボル

SLIM

総供給量

100,000,000 SLI M(固定)

初期循環供給量

30,000,000 SLIM

初期時価総額

$ 6,000,000 USD

ソラニウムとは、Solana(ソラナ)ブロックチェーンを利用した仮想通貨で、複数の大きなベンチャーキャピタルによって支えられています。

ソラニウムのプラットフォームは
●ブロックチェーン技術を使った分散型の資金調達
●保有している時間に応じて報酬がもらえるステーキングサービス
●管理上必要なガバナンス投票をSolanaエコシステムにて行います。

難しい単語が多いですが安心してください。詳しい内容については本文の以下にて解説しています。

Solana(ソラナ)とソラニウムの関係と特徴

ソラニウムの需要はSolana(ソラナ)ネットワークの成長によって期待値や価格が大きく左右します。

ここからはSolana(ソラナ)とソラニウムの関係と特徴について詳しく解説していきます。

Solana(ソラナ)ネットワークのDeFi

ソラニウムは、Solana(ソラナ)ネットワークのDeFiです。

坂本
難しい単語が出てきましたが焦ることなかれ。一つずつ解説していきます。

Solana(ソラナ)とは、2020年に新しく生まれた仮想通貨であり、プラットフォームです。

その性能は高く、現在多くのシェアを誇るイーサリアムプラットフォームよりも優れていると言われています。

仮想通貨としても2021年、草コインの代表格として価格急騰が見られました。

https://www.tradingview.com/chart/PBXyfGmX/

続いてDeFiとは、政府や中央銀行のような中央管理者が存在しない金融サービスのことです。仮想通貨と同様にブロックチェーンの技術が使われており、ネット環境さえ整えばだれでもインターネット上で金融のサービスが受けられます。

つまりソラニウムとは、高性能で将来性があるSolana(ソラナ)プラットフォームで利用可能な仮想通貨ということになります。

驚異的な処理速度

Solana(ソラナ)プラットフォームにおける取引処理速度は約0.4秒です。

この驚異的な数字は他の仮想通貨プラットフォームの処理速度と比べるとよくわかります。

仮想通貨銘柄処理速度
ビットコイン(BTC)約45分
イーサリアム(ETH)約5分
リップル(XRP)約4秒

圧倒的に安い手数料

Solana(ソラナ)プラットフォームにいての取引手数料は約0.00005ドルです。他の仮想通貨と比べてもとても安いという特徴を持っています。

プラットフォーム内での普段使いによる処理が早く、かつ低コストでできるという点で、ソラニウムは現在の主要な仮想通貨では達成できていないレベルの技術を保持しています。

ソラニウム(SILM)の獲得方法

現在、ソラニウムの取り扱いがある取引所は日本国内には存在しません

また、海外の仮想通貨取引所でも板取引をする場がほとんどないのが現状です。

CEXGate.io
KuCoin
DEXraydium

そのため、ソラニウムを保有するためにはIDOを通した取引で獲得をするかステーキングで獲得するしかありません。

IDOを利用して購入する

IDOとは、仮想通貨を発行するユーザーと購入するユーザーの間に分散型取引所が入る取引方法です。

分散型取引所はブロックチェーンの技術が用いられており、政府や企業、中央銀行や仮想通貨取引所などの実態ある管理機関が介在していません。そのため、取引手数料が抑えられるのです。

補足ですがIDOに似た言葉にIEOやICOがあります。IEOとは発行者と購入者の間に仮想通貨取引所などの企業や団体が入った取引方法のことです。一方ICOとは仮想通貨を新規で発行して直接ユーザーに購入してもらう資金調達の方法です。

坂本
一般的に、IDOやIEOは発行者と購入者の間に取引所が介在しているためICOと比べて詐欺や持ち逃げなどのリスクが低いと考えられます。

ステーキング報酬として獲得する

ステーキングとは仮想通貨を保有することです。

ソラニウムでは、Solana(ソラナ)プラットフォームのウォレットに保有しているだけでステーキング報酬を受け取ることができます。

また、ソラニウムはその仕組み上保有している時間に応じてステーキング報酬の利率が変動します。

長期間で保有することで複利による効果が期待できます。

ステーキングで固定できる期間は最長で1年間です。

ソラニウム(SLIM)の価格推移

ソラニウムの価格チャートは以下のように推移しています。今後2021年のソラナ(SOL)のように急騰を見せる可能性もあるでしょう。

https://www.tradingview.com/chart/PBXyfGmX/

ソラニウム(SLIM)のIDOプラットフォーム

ソラニウム(SLIM)にはIDOプラットフォームがあり、我々参加者はトークンセールに参加することができます。

https://www.solanium.io/

このトークンセールへの参加を有利にするために、ガバナンストークン「xSLIMトークン」を保有する必要があります。

この「xSLIMトークン」の保有量に応じて「参加者チケット」が付与されます。
参加者のチケットが多いほど、トークンの割り当てを獲得する可能性が高くなります。

Tier1
Tier2
Tier3
100 xSLIM – 1 ticket
1000 xSLIM – 12 tickets
5000 xSLIM – 100 tickets
参加チケットは抽選方式です。
トークンセールに参加する保証はありません。
Tier4
Tier5
10000 xSLIM – Guaranteed allocation
50000 XSLIM – Guaranteed allocation
参加チケットの割り当てが保証されています。
坂本
FTXのIEO参加のためにFTTをステーキングするのと一緒です。

バガナンストークン「xSlim」の獲得方法(2つ)

バガナンストークン「xSlim」の獲得方法は次の2通りがあります。

SLIMトークンをステーキング
SLIMトークンを流動性提供(RaydiumのSOL-SLIMプール)

まとめ:ソラニウム(SILM)は将来性のある新設仮想通貨

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、イーサリアムやリップルといった既存通貨を超える性能を持った新しい時代を代表する仮想通貨ソラニウムについて解説させていただきました。

ソラニウムは、2020年から2021年にその性能の高さから価格が急騰したSolana(ソラナ)のネットワークにルーツがあるDeFi(金融アプリケーション)です。

Solana(ソラナ)プラットフォームには将来性があることから、ソラニウムの一般流通が始まれば価格の急騰も期待ができます。

ソラニウムについての将来性に興味を持った方は是非一度IDOによる取得を検討してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

3つの手法の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています。

3つの手法
  1. 【年利100%】流動性マイニングとイールドファーミングで稼ぐ方法
  2. 【年利24%】2つの取引所を使って限りなくローリスクで高配当を得る手法
  3. ビットコインの買い時と売り時がわかる2つのチャートを使ったトレード術

「勝ち負けの投資」ではなく
「勝ち勝ちの投資」でありながら
基本的には「放ったらかし」という都合の良い手法をメールマガジンでご紹介します。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

ブログランキング応援ぽち

ブログランキング1位獲得を目指してます。 応援ポチをお願いいたします!!