縁故情報はLINE@限定でお届けしています。一定数で締切りますのでお早めにご参加ください。

【比較】仮想通貨とFX(どっちがいい?)

お楽しみ様です。
坂本です。

本記事では仮想通貨とFXって何が違うのといった疑問をお持ちの方向けに
仮想通貨とFXの「4つ」の違いに加えて
あなたが「仮想通貨向き」か「FX向き」かを選択する判断材料
をご紹介します。

仮想通貨とは

仮想通貨はふだん我々が使っている「現物の紙幣や貨幣」とは異なり
インターネット上でのみ存在するお金として利用することができるモノです。

実際に仮想通貨の王様である「ビットコイン」は
決済手段としての利用が始まっていて
現物の紙幣や貨幣と同様にインターネット上での決済で利用できます。

実はビットコイン以外にも多くの仮想通貨が存在していて
その数なんと「2,000種類」以上です。

ビットコインのように「価値がある」と認められて利用されている仮想通貨以外を「草コイン」と言います。
英語圏では「糞コイン」(shitcoin)といわれますが、あまりにも下品なので日本人は「草コイン」と言っていますね。
この「草」は「笑い」の意味もあって、笑われるほど価値のないコインという意味合いもあります。

仮想通貨の最大の特徴は、
円やドルといった国が裏付けとなり発行される法定通貨とは異なり
特定の管理者がおらずブロックチェーンで管理されるています。

FXとは

FX(Foreign Exchange)は日本語にすると「外国為替証拠金取引」です。

為替相場は常に「通貨の価値」が変わり続けているので
別の国の通貨を売買してその差額で利益を出す投資です。

例えば、
1ドル=100円のときに買い
1ドル=110円になったら売ると
「10円の利益」が出ます。

こうした仕組みを利用して利益を出す投資がFXです。

仮想通貨とFXの「4つ」の違い

お待たせしました。

仮想通貨とFXの「4つ」の違いを紹介します。

仮想通貨とFXの違い1:投資対象

ひとつめは「投資対象」です。

仮想通貨は「仮想通貨」そのものを投資対象とし
FXは「外貨」を投資対象とします。

世界各地で普及しつつある仮想通貨ですが、通貨としては定着しつつあるのはビットコインくらいで、それ以外はこれからといった状況です。

仮想通貨とFXの違い2:価格変動

ふたつめは「価格変動」です。

  • FXは国が裏付けとなる国が発行する通貨(外貨)を投資対象としているので
    価格が安定して相場の値動き(ボラティリティ)は大きくはありません。
  • 仮想通貨は裏付けはなく価値を安定させる機関がないため
    非常に大きな値動きをします。
  • 値動きが大きい:ハイリスクハイリターン
  • 値動きが小さい:ローリスクローリターン
市場の安定性が相場の変動につながるので、仮想通貨に投資する際は「常に」急激な価格変動に注意することが大事です。

仮想通貨とFXの違い3:流動性

みっつめは「流動性」です。

「市場の参加者数」や「取引の活発具合」は「流動性」に依存します。

流動性が低ければ不動産のように売りたくても売れないリスクを抱えます。

  • FXは「外国為替市場」での取引ですから
    貿易企業や金融機関など市場参加者が非常に多く「流動性高い」
    つまり、流動性リスクが「低い」のです。
  • 仮想通貨はFXと比べれば市場参加者は圧倒的に少なく「流動性が低い」
    つまり、流動性リスクが「高い」のです。

仮想通貨とFXの違い4:取引可能な時間帯

よっつめは「取引可能な時間帯」です。

  • FXは平日の24時間が取引可能です。
  • 仮想通貨は平日だけではなく土日も含めて24時間365日取引することができます。
平日夜遅くまで仕事がある人にとっては、帰宅後に疲れた状態で取引すると冷静な判断をくだせないことがあります。であれば平日は何もせずに、土日に仮想通貨トレードに集中という選択もあります。

仮想通貨とFXはどちらがおすすめ?

これまでに解説したように仮想通貨とFXは特徴が異なるので
坂本なりに「仮想通貨向き」か「FX向き」かを選択する判断材料をご紹介します。

仮想通貨はこんな人におすすめ

  • 平日は忙しいので土日にトレードしたい
  • 将来性が高いところで勝負したい
  • リスクは大丈夫

仮想通貨はFXと違って24時間365日いつでも取引することができます。

平日は忙しくて取引する時間があまり取れない方でも
土日ならじっくりとトレードすることが可能です。

また、現時点では市場が成熟しているとは言えないので
流動性のリスクがある反面、将来性が高い市場なので
言葉は悪いですが「一攫千金」の可能性はあります。

坂本は2014年に1XPR=0.6円で購入したリップルが、
2018年には1XPR=400円になりました。

リスクを含めても将来性を重視するなら
仮想通貨は投資対象としておすすめできます。

FXはこんな人におすすめ

  • 安全性が高い取引をしたい
  • 安定した市場で取引したい

仮想通貨はまだまだ歴史が浅いためセキュリティの面でのリスクを抱えています。

ニュースでご覧になったことがあるかも知れませんが、
取引所のハッキングのリスク
外部ウォレットサービスのプライベートキー、パスワード等の紛失リスク

などがありませす。

取引所のセキュリティ精度が進歩しているとはいえ
預けている資産がなってしまうという可能性は否定できません。

それに比べてFXは、取引所がハッキングされたり、
資金が盗まれるといったことは聞いたことがありません。

各国の法定通貨を取り扱うので流動性リスクも低くなります。

これらのことに当てはまるようでしたら
仮想通貨よりFXの取引をおすすめします。

FXの取引所ハッキングリスクがないとはいえ、取引所ならではの出金ができない「出金リスク」はありえます。

仮想通貨とFXの比較のまとめ

  • 仮想通貨は実存しない新しいインターネット上のお金
  • FXは通貨の売買で利益を出す投資
  • 仮想通貨とFXには投資対象、価格変動、流動性、取引時間などの違いがある
  • 仮想通貨とFXは特徴が異なるので、おすすめの人も異なる

仮想通貨とFXのそれぞれの特徴を見てきました。

生活スタイルや性格も人それぞれ異なるからこそ
「あなたにはこちらがおすすです。」とは言い切れませんが
坂本は仮想通貨もFXもやっています。

ご紹介した仮想通貨とFXの違いを参考にお選びになってください。

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

3つの手法の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています。

3つの手法
【年利100%】流動性マイニングとイールドファーミングで稼ぐ方法
【年利24%】2つの取引所を使って限りなくローリスクで高配当を得る手法
ビットコインの買い時と売り時がわかる2つのチャートを使ったトレード術

「勝ち負けの投資」ではなく
「勝ち勝ちの投資」でありながら
基本的には「放ったらかし」という都合の良い手法をメールマガジンでご紹介します。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

ブログランキング応援ぽち

ブログランキング1位獲得を目指してます。 応援ポチをお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です