縁故情報はLINE@限定でお届けしています。一定数で締切りますのでお早めにご参加ください。

仮想通貨テザーの大問題「実は担保がない」

お楽しみ様です。
坂本です。

仮想通貨に否定的な人はみなこう言います。

「ビットコインはただの電子データで裏付けとなる価値がないんだから
 いつ無価値になったっておかしくない」と。

たしかにそうかも知れません。

だって、普段我々が使っている日本円は
日本という国が発行しているという裏付けがありますが、
仮想通貨には裏付けがないのですからそう思うもの当然です。

しかし。

そんな仮想通貨のなかで異彩を放っている通貨があります。

「テザー(Tether)」といって
通貨単位を「USDT」とする仮想通貨です。

仮想通貨テザー(Tether/USDT)は
「1USD(米ドル)にペック(固定)されたステーブルコイン」
の草分けと言っても過言ではない存在ですから
あなたも一度くらいはその名前を聞いたことがあるかも知れません。

とはいっても
「有名である」ことと「信用できる」ことは別物です。

本記事では仮想通貨テザー(Tether/USDT)が
いかに信頼に値しない仮想通貨であるかについて解説します。

今後、仮想通貨テザー(Tether/USDT)を使う際には
問題を抱えている通貨であることを把握したうえで使いましょう。

仮想通貨テザー(Tether/USDT)の大問題「実は担保がない」

まず最初に仮想通貨テザー(Tether/USDT)の大問題から切り込みます。

仮想通貨テザー(Tether/USDT)の裏付けは
管理・発行を行っているテザー社「Tether Limited」が
自社の発行するテザー(Tether)は自称1USDT=1USDにペッグする
というものです。

この「自称」というところがめちゃくちゃ大事で、
例えば100万ドル分のUSDTが発行された場合は、
100万ドルをTether社に入金する必要があります。

これにより
「100万テザー(USDT)=100万ドル(USD)である」として
発行されたテザーと同じ額の資産をテザー社が保有しているとして
裏付けされるのです。

しかし、テザー社は正式な第三者機関による監査を受けず
その価値が証明されておらず、
その裏付けに疑惑を抱えざるを得ない仮想通貨なのです。

当初は「同じ額の米ドルを保有している」としていたテザー社の説明も、
「仮想通貨なども含めた資産の総額」に変更されました。

米国商品先物取引委員会(CFTC)なども調査に乗り出していますが、
未だ解決の見込みは立っていません。

もし担保資産が存在せず、テザーの価値を裏付けることができなければ、
テザーの信頼は一瞬にして崩れ去ることになります。

つまり、我々投資家は
仮想通貨テザー(Tether/USDT)を利用するにあたり
テザー社を信用して使わなければいけません。

仮想通貨テザー(Tether/USDT)の利用用途

仮想通貨テザー(Tether/USDT)を利用する際の注意点がわかったところで、
そもそも仮想通貨テザー(Tether/USDT)はどういう時に使うものなのか
利用用途がわかりにくいのが正直なところです。

そこでこの項目では仮想通貨テザー(Tether/USDT)の利用用途を纏めます。

大きなボラティリティこそが仮想通貨の魅力ですが、
同時に大きなリスクでもあることはトレーダーであれば承知の上です。

そんな時にリスクを軽減させてくれるのがテザーです。

仮想通貨テザー(Tether/USDT)の魅力を再確認します。

仮想通貨テザー(Tether/USDT)の魅力
  • 米ドルにペックされている
  • 価値がほとんど変わらない
  • 取引手数料が安い
  • 迅速な取り引きが可能

つまり。

仮想通貨テザー(Tether/USDT)は
相場が大荒れの時の緊急の避難先として交換されたり、
ビットコインなどを購入する時にドルの代替として使われる
非常に使い勝手の良い仮想通貨なのです。

加えて、利益確定にも適しているからこそ
多くの仮想通貨取引所がテザーを基軸通貨として採用しています。

「テザー砲」はビットコイン価格急騰の前触れ

そうそう。

仮想通貨テザー(Tether/USDT)についてもうひとつ知っておくべきことがあります。

それが仮想通貨テザー(Tether/USDT)が数億円単位で発行された後に、
ビットコインが高騰するという現象である「テザー砲」
です。

仮想通貨テザー(Tether/USDT)は毎日少しずつ発行されるのではなく、
ある日突然、テザー社によって大量に発行され
同系列の仮想通貨取引所Bitfinexを経由して市場に流れ込みます。

2018年では数ヶ月おきに200億円単位で発行され
Bitfinexに送金された後にBitfinexで同額に近い買いが入る
という現象が複数回確認されています。

そのため、仮想通貨テザー(Tether/USDT)が発行されれば
近いうちにビットコインが大量に買われることになり、
結果としてビットコイン価格が高騰する
ことになります。

これが「テザー砲」です。

仮想通貨テザー(Tether/USDT)と他のステーブルコインの差別化

ステーブルコインの草分け的存在であり、
時価総額でも他のステーブルコインを圧倒している仮想通貨テザー(Tether/USDT)。

しかし、今後もその地位を維持できるかはわかりません。

米ドルとペックしているステーブルコインだけでも、
時価総額100位以内に以下の7通貨がランクインしています。

米ドルとペックしているステーブルコイン
・4位 Tether(USDT)
・18位 USD Coin(USDC)
・41位 Dai(DAI)
・49位 TrueUSD(TUSD)
・62位 Paxos Standard(PAX)
・73位 Binance USD(BUSD)
・92位 HUSD(HUSD)
(2020年8月29日:CoinMarketCapより)

さらに、各国の中央銀行などが導入を進める
中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発も進んでいます。

中国のCBDCは、実証実験が行われる段階まで進んでいます。

今後も仮想通貨テザー(Tether/USDT)が現在の地位を維持するためには、
独自性を出しにくいステーブルコインの中で、
あえて独自性を創出する必要があります。

テザーのまとめ

仮想通貨界に「ステーブルコイン」という
新しいシステムと概念を持ち込んだ仮想通貨テザー(Tether/USDT)。

今後、仮想通貨が我々の日々の暮らしに浸透する上で、
ステーブルコインが果たす役割はとても重要です。

仮想通貨テザー(Tether/USDT)が抱えている問題をひとつづつ解決しながら、
仮想通貨と我々の生活との懸け橋として活躍してくれることを期待するのみですな。

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

3つの手法の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています。

3つの手法
【年利100%】流動性マイニングとイールドファーミングで稼ぐ方法
【年利24%】2つの取引所を使って限りなくローリスクで高配当を得る手法
ビットコインの買い時と売り時がわかる2つのチャートを使ったトレード術

「勝ち負けの投資」ではなく
「勝ち勝ちの投資」でありながら
基本的には「放ったらかし」という都合の良い手法をメールマガジンでご紹介します。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

ブログランキング応援ぽち

ブログランキング1位獲得を目指してます。 応援ポチをお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です