縁故情報はLINE@限定でお届けしています。一定数で締切りますのでお早めにご参加ください。
ビットコインをトレードする

仮想通貨の値動きとキーワードの検索回数に関係はある? Google Trendを検証してみた。

Google Trendは「あるキーワードがどのぐらい検索されたのか」を知ることができるスグレモノです。 つまり相場参加者の心理動向が反映されるからこそ、ビットコインの値動きの傾向を把握することに使えます。 Google Trendがどの程度使えるツールなのか、過去3年間のビットコイン価格推移と共に検証しました。

ビットコインをトレードする

ハッシュレートを知るだけで仮想通貨トレードにおける「稼ぎの確度」を高めることができます。

マイナーがどれだけ気合いを入れてマイニングしているかを端的に表したハッシュレート。 大事なことは「ハッシュレートを知ってどうやって稼ぐか」ですから、次の3点についてチャートを使って丁寧にわかりやすく解説します。 【1】価格とハッシュレートのチャート形状が異なる理由。 【2】ハッシュレートから価格を予測できるか。 【3】ハッシュレートをどう活用すれば稼ぎの確度が高くなるのか。

ビットコインをトレードする

ビットコインの半減期直前!! 短期・中期のトレード戦略です。

ビットコインの半減期が「2020年5月12日~13日」と近づいてきました。 本記事では「半減期が来ても盛り上がらないのはなぜ?」「半減期は価格に影響しないのか?」という視点を絡めながら、ビットコインの半減期直前の「短期トレード戦略」「中期のトレード戦略」について解説します。

アルトコインを増やす

トロンのエアドロップ「JSTトークン」とPoloniexのIEO「JSTトークン」は共に来月5月に実施です。

2020年5月に実施される「JSTトークン」のエアドロップ、そしてPoloniexの第1弾IEO「JSTトークン」も同じ月に実施されます。 本記事ではの「JSTトークン」のエアドロップとIEOの割り当て比率、「JUST」プロジェクトの概要、 「JSTトークン」エアドロップの条件について丁寧に解説します。

アルトコインをトレードする

ネム(NEM)カタパルト:ドラゴンアップデートを狙った2つのトレード戦略

仮想通貨ネム(NEM)のカタパルト「ドラゴンアップデート」前の今だからこそ、事前にネム(NEM)についての理解を深めておき、「ドラゴンアップデート」を狙った「2つのトレード戦略」でしっかり稼ぎましょう。 正直、ややこしい仕組みのネム(NEM)ですが「ドラゴンアップデート」の内容と「トレード戦略」を丁寧に解説します。

アルトコインをトレードする

ビットフライヤーに上場したBATってどんな仮想通貨?

仮想通貨BATはネット広告を出す際の、Googleの手数料の高さや、広告を見るユーザーへのメリットが少ないといった「既存のネット広告の問題点」を改善するために作られた仮想通貨です。本記事ではBATが具体的にどこで利用されて、我々にどんなメリットをもたらしてくれるのか具体的に解説します。

ビットコインをトレードする

落ちてくるナイフをつかんでみた。(ビットコインとイーサリアムの大出血覚悟話。)

2020年3月12日から13日にかけて市場全体が「現金ファースト」のパニック売りになった時にトレードを行いました。 「落ちてくるナイフはつかむな」は有名な格言ですが、それでもトレードした理由はビットコインとイーサリアムの将来に対する期待が高く年単位で保有し続ける覚悟があるからです。 当日の具体的なトレード詳細を公開します。

アルトコインを増やす

【年利7%】トロンがトロンを生むスーパー代表選

年利7.3%で増殖するトロンのスーパー代表選を解説します。 7.3%という利率は一般的な投資対象としては非常に良い投資ですが、アルトコインはリスク満載ですから、もっと高い利回りがほしいのが本音です。 とはいっても手元に持っていても何も生みださないので投票でもして出稼ぎに出すことで稼ぐ。 この思考は非常に重要です。