仮想通貨Polkadotが本格始動!特徴から将来性まで解説

お楽しみ様です。
坂本です。

仮想通貨のPolakadot(ポルカドット)はご存知でしょうか?

仮想通貨取引所への新規上場から、1年で仮想通貨ランキングで11位になっています。

すでに日本の仮想通貨取引所にでも扱っており、気になっている方も多いでしょう。

Polkadotは今後のブロックチェーン技術の発展において重要なポジションにいます。

そんなPolkadotについて詳しく解説します。

仮想通貨Polkadotとは

Polkadotは異なるブロックチェーンの相互利用を可能にするためのプロジェクトです。

PolkadotはWeb3.0の実現のための重要なプロジェクトとして期待されています。

Web3.0とは、ブロックチェーン技術を主体とした情報管理を分散化した新たなWeb世界のことです。

ビットコインなどの仮想通貨はブロックチェーンの技術が使われているため、「すでに分散化している」と考え方もいかもしれませんが、まだ完全には分散化できていない部分があります。

Polkadotは完全に分散化されたWeb3.0の時代を築くための一手として期待されています。

仮想通貨Polkadotの特徴「5つ」

仮想通貨Polkadotの5つの特徴を解説します。

仮想通貨Polkadotの特徴

●ブロックチェーンの相互運用を可能にする
●スケーラビリティ問題を解決する
●誰でもブロックチェーンを作れる
●セキュリティ性が高い
●オープンガバナンス体制

特徴1:ブロックチェーンの相互運用を可能にする

Polkadotはブロックチェーンの相互運用(インターオペラビリティ)を可能にします。

例えば、ビットコインとイーサリアムは異なるブロックチェーンを使用しているため、互換性がなくチェーンをつなぐことができません。

そのため、取引所を利用してビットコインとイーサリアムを交換する必要があります。

しかし、これでは取引所という中央集権的な管理者が存在するため、分散型のWeb3.0とは言い難いですよね。

Polkadotは異なるブロックチェーンをつなげるため、取引所を介す必要がなくなり、分散化することができます。

特徴2:スケーラビリティ問題を解決する

ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな仮想通貨はスケーラビリティ問題を抱えています。

スケーラビリティ問題とは、取引が増えるに連れてブロックチェーン内の情報が多くなり取引が遅延したり、手数料が高騰する可能性がある問題です。

Polkadotはパラチェーンと呼ばれる、Polkadotに接続する他のブロックチェーンにトランザクション処理を実行させることで、処理速度をあげ、スケーラビリティ問題を解決します。

特徴3:誰でもブロックチェーンを作れる

Polkadotはオープンソースになっており、誰でも同じようにブロックチェーンを開発できます。

これは情報が分散的であるWeb3.0の考えにそった考え方でもあります。

公開しているソースコードを利用して作られたブロックチェーンが、Polkadotのパラチェーンになることもあるでしょう。

特徴4:セキュリティ性が高い

Polkadotはセキュリティ性が高い仮想通貨です。

ネットワーク上にセキュリティを強化するためのプログラムが置かれており、これを利用することでPolkadotのセキュリティを高めています。

さらに、Polkadotのパラチェーンもセキュリティを利用できるため、安心して利用することでます。

特徴5:オープンガバナンス体制

Polkadotはオープンガバナンス体制をとっています。

ユーザーはブロックチェーンの管理やプロジェクトの方向性の決定などに関与できます。

これも意思決定の権利をPolkadotの外部の人に与えている点で、Web3.0の分散化した考えに合致していますね。

Polkadotの将来性

Web3.0の実現に向けて活動していえるPolkadotですが今後の動向に期待できるのでしょうか。

結論としては、期待度は高く、仮想通貨のPolkadotの価格が上昇する可能性も十分あります。

その理由は、2021年の12月にパラチェーンに関するプロジェクトが本格始動したためです。

Polkadotはブロックチェーンの相互利用を目指しており、その利用に注目が集まっていました。

そのプロジェクトの1つである、パラチェーンオークションの第一弾が終了し、5つのパラチェーン枠を勝ち取ったブロックチェーンが決まったのです。

その5つは、「Acala」「Moonbeam」「Astar」「Parallel Finance」「Clover」です。

これらのブロックチェーンとどのような相互作用を起こしていくのかに注目が集まります。

さらに来春にはオークションの第二段が開催されます。

最大で100個のパラチェーンの枠が用意されており、今後の動きが期待されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

世の中はWeb3.0の時代に向けて動き出しています。

時代の変化に遅れないためにも、Polkadotやブロックチェーンの動向には注目したいですね。

国内の取引所でも購入できるので、この機会に口座開設して仮想通貨取引に挑戦しましょう。

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

3つの手法の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています。

3つの手法
  1. 【年利100%】流動性マイニングとイールドファーミングで稼ぐ方法
  2. 【年利24%】2つの取引所を使って限りなくローリスクで高配当を得る手法
  3. ビットコインの買い時と売り時がわかる2つのチャートを使ったトレード術

「勝ち負けの投資」ではなく
「勝ち勝ちの投資」でありながら
基本的には「放ったらかし」という都合の良い手法をメールマガジンでご紹介します。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

ブログランキング応援ぽち

ブログランキング1位獲得を目指してます。 応援ポチをお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)