縁故情報はLINE@限定でお届けしています。一定数で締切りますのでお早めにご参加ください。

仮想通貨のフラッシュクラッシュ発生!そんな時は、慌てず、焦らず、冷静に。

お楽しみ様です。
坂本です。

一時的に強烈に下げる恐怖の相場だったも束の間、すぐにもとの値に戻る現象を「フラッシュクラッシュ」といいます。

もしかしたらあなたはビットコイン価格の暴騰暴落について検索したことで、この記事にたどり着いたのかも知れませんね。

ということは、ビットコイン価格について何か焦っている気持ちがあるもかも知れませんが、焦りは禁物ですぞ。

こんな時はいつも以上に冷静さを意識して、平常心での取り引きを行わなければなりません。

しかし。

わかっちゃいるけどできないんですワ。

はい、そこで、本記事では
フラッシュクラッシュの概要説明から、
フラッシュクラッシュが発生する原因、
そしてフラッシュクラッシュ発生時に気を付けること
の3本を解説をします。

フラッシュクラッシュ時に相場から退場することのないトレーダーとして成長したい方は必見です。

「フラッシュクラッシュ」とは?

「フラッシュクラッシュ」は、仮想通貨関連の用語ではありません。

金融商品の用語で、株式や先物取引でもしばしば起こる現象です。

「フラッシュクラッシュ」の定義はあるの?

「フラッシュクラッシュ」に、時間的、金額的な定義があるわけではありません。

ごく短時間に、価格が暴落することを指します。

フラッシュクラッシュは、必ずしも悪いことではありません。

一部の投資家は、フラッシュクラッシュによってボラティリティが拡大することで、大きな利益を上げるチャンスと捉えます。

フラッシュクラッシュが起きた場合、すぐに価格が上昇して元に戻ることが多く、フラッシュクラッシュが起きたことに気付かない場合もあります。

逆に、高騰した直後にフラッシュクラッシュが起こり、元に戻る場合もあります。

もちろん、フラッシュクラッシュの影響が長く続く場合もありますが、時間の経過とともに元の水準まで戻るケースが大半です。

フラッシュクラッシュの原因(その1)

フラッシュクラッシュ発生のメカニズムについては現在も解明されていませんが、その原因として大きく2つのパターンがあるとされています。

一つ目は、ヒューマンエラーです。

売買注文を出す際に、桁数を間違えるなどで市場価格とかけ離れた注文を出してしまい、それが約定してしまった場合です。

また、違法な「スプーフィング」が行われた可能性もあります。

本当は取り引きする意思がないのに、市場価格からかけ離れた価格で大量の売注文を出し、他の投資家に市場の流れを錯覚させる手法です。

大量の売注文が入ると、多くの投資家は価格は下落すると思い込み、売注文が殺到します。

スプーフィングを仕掛けた投資家は現在の市場価格よりもかなり低い金額での買注文を出しており、フラッシュクラッシュが起きたタイミングで購入し、価格が回復すれば売却することで、多くの利益を上げることができます。

フラッシュクラッシュの原因(その2)

もう一つの原因は、取り引きの主流が、コンピューターによるアルゴリズムを用いた取り引きに変化してきていることです。

現在、機関投資家などの大口投資家は、アルゴリズムによって取り引きを自動化しています。

例えば現在価格よりも10万円下落すれば、ビットコインを売却するというアルゴリズムを設定しているとします。

10万円下落すると、ビットコインが売却されます。

それによって、全体的なビットコイン価格が下がります。

他の機関投資家も一定金額の下落によって売却するという設定を行っている場合、売りが売りを呼び、際限なく価格が下落していくことになります。

全てがアルゴリズムによって自動化されているので、そのアルゴリズムを修正しない限り、売りの連鎖は止まらなくなります。

これまでのフラッシュクラッシュ

2017年6月イーサリアム

2017年に、仮想通貨取引所GDAX(現:Coinbase Pro)で、イーサリアムの価格がわずか数秒の間に319ドルから10セントに急落するフラッシュクラッシュが発生しました。

しかし当日中に、元の価格を上回るほどに価格は回復しました。

GDAXは当時、数百万ドル規模の売注文が出され、それによって多くの売注文が殺到したことが、フラッシュクラッシの原因になったとしています。

2020年8月ビットコイン

順調な価格推移を見せていたビットコインに、突如11,925ドルから11,260ドルへと、約5.6%のフラッシュクラッシュが発生しました。

原因となったのは大きな売注文でしたが、ビットコイン先物市場に影響を与え、多くのポジションが強制決済され、更なる価格の下落を招きました。

7万人以上の投資家の、11億ドル相当の資産が強制決済の対象になったとされています。

影響は他の仮想通貨にも及び、イーサリアムでも2~3%の下落が起こりました。

なお、この時のフラッシュクラッシュは、元の価格に戻るのに5日程度かかりました。

今回(2021年1月4日)のフラッシュクラッシュ

この記事にたどり着いた方は、2021年に入ってすぐに発生したフラッシュクラッシュが気になっているのかもしれません。

2020年末に史上最高の3万3千ドルを超える価格で取り引きされていたビットコインは、2021年1月4日にフラッシュクラッシュが発生しました。

わずか5分の間に、1BTC当たり30,620ドルから28,723ドルへと、約6.2%の急落となりました。

取引所によっては、1時間ほどの間に、12%の下落を記録したところもあります。

今回のフラッシュクラッシュについては、いくつかの原因が推測されています。

年末のビットコイン価格の高騰により市場の過熱感が高まっており、多くの投資家が売り時を見計らっていました。

そのため、いつフラッシュクラッシュが発生してもおかしくないと指摘されていました。

今回のフラッシュクラッシュを予想していた専門家もいました。

そしてもう一つの原因は、年末年始で全体の取引量が少なかったことです。

そのため、大口の取引に対し、いつも以上に市場が敏感に反応してしまいました。

ちなみに今回のフラッシュクラッシュでは、1時間もたたないうちに3万ドルを回復し、細かな上昇と下落を繰り返しながら、徐々にフラッシュクラッシュ前の価格まで持ち直しつつあります。

フラッシュクラッシュ発生時に気を付けること

フラッシュクラッシュが発生すると、価格が一気に下落します。

だからと言って、焦って売却するのは得策ではありません。

今回もそうですが、これまでのほとんどのフラッシュクラッシュのケースは、短期間で元の価格まで回復します。

早ければ数分、遅くても数日程度で価格は回復するケースがほとんどなので、不安かもしれませんが、それまで売ることを我慢しましょう。

フラッシュクラッシュを利用して利益を上げることは可能ですが、いつ発生するかを事前に予測することは難しく、特に一般の投資家はフラッシュクラッシュの利用は考えない方が無難です。

我々にような個人投資家が行える対策は1つしかありません。

「レバレッジを高くし過ぎない」

コレだけです。

また、仮想通貨FXなど証拠金取引を行うのでしたら、フラッシュクラッシュが発生した際に、強制決済が行われないように、十分な証拠金を入金しておきましょう。

仮想通貨は値動きが激しいので、あっという間に証拠金が不足したことで強制決済が実行されてしまい、底値でポジションを解消することにって損失が発生することだってあります。

ギリギリの金額で取り引きすることで利益を最大化しようとする気持ちは分かりますが、様々な事態に備えておくということも、安定して利益を上げる上で、とても重要なことです。

仮想通貨のフラッシュクラッシュまとめ

ビットコインを含め、仮想通貨のフラッシュクラッシュはいつ起こるか分かりません。

発生のメカニズムは、現在も解明されてはいません。

投資家にとって重要なのは、フラッシュクラッシュによって大きな損失が発生するという事態を避けることです。

証拠金取引を行う際は十分な証拠金を預け入れておく、あるいは現物取引を中心にするといった方法で、不測の事態に備えておきましょう。

ちなみに。

一番やっちゃあいけないのは「ショート」ですぞ。

今のビットコインのように新高値ブレイクしている
強固なファンダメンタルズの元で高値を更新していく相場ですから、
ショートをすると焼かれる可能性が高いので
絶対にショートだけはやっちゃあダメですよ。

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

3つの手法の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています。

3つの手法
  1. 【年利100%】流動性マイニングとイールドファーミングで稼ぐ方法
  2. 【年利24%】2つの取引所を使って限りなくローリスクで高配当を得る手法
  3. ビットコインの買い時と売り時がわかる2つのチャートを使ったトレード術

「勝ち負けの投資」ではなく
「勝ち勝ちの投資」でありながら
基本的には「放ったらかし」という都合の良い手法をメールマガジンでご紹介します。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

ブログランキング応援ぽち

ブログランキング1位獲得を目指してます。 応援ポチをお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です