【簡単解説】仮想通貨バブル「NFTの稼ぎ方」

お楽しみ様です。
坂本です。

最近テレビでも取り上げれることの増えた「NFT」。

NFTを利用したアート作品や音楽が「億単位」の金額で売買されたりと景気のいい話で溢れています。

0円で作られた商品に、転売目的のトレーダーが群がっているのですからまさに「治安の悪いNFTバブル」。

坂本
NFTバブルは小金持ちになったクリプト民の金の行きつく先ですナ。

とはいっても小金持ちになったクリプト民の目的は収集なんかじゃああしゃしやせん。
目的は「自分が仕入れた値段よりも高く売る転売で儲けること」です。

しかしよくお考えください。
「 最も低リスクで大きなリターンを得る」ことができるのは転売でしょうか?

いいえ、違います。

NFTに関する登場人物は3者をご覧ください。

❶作る人(販売者)
❷転売する人(トレーダー)
❸仲介する人(プラットフォーム)

この中で「最も低リスクで大きなリターンを得る」ことができるのは「❶作る人(販売者)」です。

つまり、NFTで稼ぐならを間違っても「❷転売する人(トレーダー)」になってはいけないのです。

坂本
いくらNFTがバブっているからって闇雲に参加するのはダメです。まずはNFTを知って、本当に参加する価値があるのかを考えましょうよ。

本記事ではNFTの概要、NFTの問題点、すすめのNFTマーケットについて解説します。

NFTで稼ごうと思っている方は必見です。

NFTとは「唯一無二のデジタル資産」

NFT(Non-Fungible Token)「非代替性トークン」とも呼ばれる代わりのないトークンです。
つまり偽造することができない世界で一点物のデジタルデータとなります。

これだとサッパリわからないので表でみてみましょう。

代替分割唯一性事例
NFT
Non-Fungible Token
不可能不可能同じトークンが存在しないデジタルアートの証明書
FT
Fungible Token
可能可能同じトークンが存在する仮想通貨

NFTはトークン自体が識別子を持っているため個々で識別可能です。

坂本
逆に仮想通貨は識別子を保有していないので、通貨を保有している情報は記録されません。

NFTは誰でもトークンを作成することができるため、世界中のコンテンツがNFTへと提供されてきています。

NFTはDapps間でアイテムの移動ができる

NFT自体がトークンなので共通のプラットフォームで作られたDapps 内のアイテム、キャラクター、コンテンツの移動が可能です。

坂本
つまりゲームのキャラクターなどを別のゲームに持って行けるワケです。

今まではゲームをクリアしてしまえば自分の好きなキャラクターとはお別れでした。

しかし、NFTを活用すれば別のゲームにキャクターを持って行き、好きなキャラクターで遊び続けることができるるワケです。

NFTが抱える問題点は「著作権」

NFTが広がる際の宣伝文句を覚えてらっしゃいますか?

・クリエイターの権利を守るのがNFT
・クリエイターの新たな収益機会になるのがNFT
でした。

ただね。
著作権をもつのと「NFTトークン」を保有することは全くの別物なんですワ。

だって、著作権に関する技術的な解決策は全く提示されていないのですから。
これは大きな問題です。

例えばこんなことが起きています。

❶インターネット上のコンテンツを勝手に著作権侵害してNFT化する
❷著作権侵害したNTFを販売して稼ぐ

こんなことがまかり通っているワケです。

クリエイターの権利なんぞありません。
クリエイターの新たな収益機会ではなくて著作権侵害した輩の収益機会です。

坂本
結局はクリエイターではなくビジネスマンの飯の種でしかないワケです。

NFTの販売者と転売者が集うマーケットプレイス「OpenSea」

ここまでの説明がNFTの概要はお判りいただけたと思います。

それでは最後にNFTを販売するマーケットプレイスについて解説をします。

まず最初にマーケットプレイスにできることは次の4つです。

NFTマーケットプレイスにできること
❶NFTを制作
❷NFTを販売
❸NFTを購入
❹購入したNFTを転売

続いて、NFTマーケットプレイスを選ぶ4つのポイントをご紹介します。

NFTマーケットプレイスを選ぶ4つのポイント
手数料
❷取扱コンテンツ
❸対応ウォレット
❹対応ネットワーク

これらをわかりやすいように表にしたのでご覧ください。

CoincheckNFTAdam byGMONanakusaOpenSeaRaribleSuperRare
手数料販売手数料:10%
出庫手数料:0.01〜0.16ETH
販売手数料:5%
クレジットカード決済手数料:3%
振込手数料:300円(日本円取引)
販売手数料:2.5%販売手数料:2.5%販売手数料:3.0%
ギャラリー手数料:15%
取扱コンテンツ ゲームアセット
トレーディングカード
デジタルアートデジタルアート
デジタルミュージック
フォトグラフ
デジタルアート
ゲームアセット
トレーディングカード
デジタルミュージック
プロックチェーンドメイン
ユーティリティトークン
デジタルアート
ゲームアセット
デジタルミュージック
フォトグラフ
デジタルアート
対応ウォレットMateMaskMateMaskMateMaskMateMask
Torus
Portis
MateMask
Torus
Portis
MateMask
Fortmatic
WalletConnect
対応ネットワークイーサリアムイーサリアムイーサリアムイーサリアム
Polygon
Klaytn
テゾス
イーサリアムイーサリアム
公式サイトhttps://www.fisco.co.jp/media/go-coincheckhttps://adam.jp/https://nanakusa.io/https://opensea.io/https://rarible.com/https://superrare.com/
2021/9/18更新

おすすめのNFTマーケットは「OpenSea」

おすすめのNFTマーケットは海外の「OpenSea」です。
というのも 対応ネットワークに Polygon が使えるからですね。

坂本
イーサリアムはガス代がドエライ高いんで、イーサリアムしか対応していないネットワークはおすすめできません。

あとはユーザー数や出品数が多いというものその理由です。

まとめ「NFTの稼ぎ方」

デジタルアートの分野ではすでに数十億を超える取引がされているNFTについて解説しました。

代替不可能なトークンといえど、そのものの価値は保証されているワケではないこと。
そして「投機需要によって破壊されたショウムナイ市場」であることもご理解いただけたと思います。

坂本
バブルだからこそゴミにも値段がついちゃうんですよね。

バブルだからこそ、この流動性は長続きはしないでしょう。

数年後に「買わなければよかった・・・」なんてことにならないよう、やるなら「❶作る人(販売者)」の立場で参加なさってくださいね。

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

3つの手法の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています。

3つの手法
  1. 【年利100%】流動性マイニングとイールドファーミングで稼ぐ方法
  2. 【年利24%】2つの取引所を使って限りなくローリスクで高配当を得る手法
  3. ビットコインの買い時と売り時がわかる2つのチャートを使ったトレード術

「勝ち負けの投資」ではなく
「勝ち勝ちの投資」でありながら
基本的には「放ったらかし」という都合の良い手法をメールマガジンでご紹介します。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

ブログランキング応援ぽち

ブログランキング1位獲得を目指してます。 応援ポチをお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)